引越し時の食器梱包を効率よく頑丈にするポイントとは?



大切な食器なので、絶対に割れないようにしたいんだけど、
どうすればいいの?

新聞紙に包むだけじゃ危ないかな?

 

Original update by : 足成

 

引越しの荷造りの中で一番難しいのが、食器のような割れ物の梱包ですよね。

新居で開けてみたらガッカリ~(T_T) そういう話、よく聞きますよね~。

 

一つ一つ新聞紙に包むだけではダメなのでしょうか?
引越しのプロはどんな方法を使っているのでしょう?

 

今回は、食器梱包のテクニックについて調べてみました。

ほんのひと手間で、大切な食器を守ることが出来るのです。
お引越しの前に、是非、コツを覚えて下さいね(*^。^*)

 

引越しの食器梱包にはたくさんのポイントがあります!

SPONSORED LINK

 
 

大切な食器を破損から守るには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか?

 

まず、食器を入れるダンボール選びから!

ただし、大きいダンボールを選んではダメですよ。
食器は数が集まると結構な重さになります。

大きなダンボールに入れてしまうと運べなくなっちゃいます!

小さめでしっかりしたものを選び、
箱の底が抜けないようにガムテープを十字に貼って下さい。

 

食器を入れる前に、箱の下に緩衝材を敷きましょう。

新聞紙をくしゃくしゃにしたものでもよいですし、
タオルなどを敷いてもいいですね。

これがクッション代わりになります。

 

食器は一つ一つ新聞紙などで包みます。
同じ大きさのお皿など、2~3枚まとめて包むのはNGです。

蓋が付いているものも、本体と別々に包みます。

 

食器は重いものが下にくるように詰めて下さい。

食器と食器の間に隙間を作らないこともポイントです。
箱の横や上にも新聞紙やタオルを詰めてフタをします。

 

ダンボールの目立つ所に「割れ物 注意!」と大きくマジックで書きましょう。

これで丁寧に扱ってもらえます。

 

箱詰めが終わったら箱を上下左右に揺らしてみましょう。
そこでコトコトと音がしたら、梱包が甘い証拠です。(>_<)

面倒ですが、もう一度隙間が無いか確認しましょう。

 

これらが基本的な梱包のポイントです。

でも食器って、大きさも形もいろいろですよね。
次にもう少し詳しく、食器の種類別にチェックしましょう。

 

スポンサードリンク

 

食器梱包のコツ~種類別にチェックしよう

あなたはどんな食器を持っていますか?

洋食器や和食器、コーヒーカップやワイングラスなど、
いろいろな形の食器がありますねぇ^_^;。

 

では、一つ一つチェックしていきましょう!

 

平皿

平らなお皿は一枚一枚新聞紙などで包んだ後、箱の中に縦に並べていきます。
横に重ねるように積み上げるよりも、こちらの方が割れにくいのです!

高級なお皿はふちが欠けやすいので、
ふちの部分を最初に包み、その後全体を包むとより安心です。

 

カップ

取っ手が付いたコーヒーカップなどは、先に取っ手を包みます。
その後全体を包むと、壊れやすい部分が2重になります。

口の中にも新聞紙を詰めれば安心です。

 

ワイングラス

ワイングラスはとても繊細な食器になります。

持ち手の細い部分に紙などを巻きつけて、全体が寸胴になるようにします。
その後に全体を包みます。こちらも口に新聞紙を詰めます。

横置きすると割れやすくなりますので、箱に入れる時は縦に並べます。
また、ワイングラスの上に他の食器を乗せないようにしましょう。

 

食器を包む梱包材として、先ほどから「新聞紙」を挙げていますが、
もちろん、新聞紙以外のものでも構いません。

他にどのような梱包材があるのか、チェックしてみましょう。

 

梱包材にもいろいろな種類があります

Original update by : 写真AC

 

食器の梱包の時に便利なのが新聞紙。

でも、新聞取ってないんだけど~(+o+)って方や、
新聞のインクが食器に付くのが気になるという方もいますよね。

 

梱包材としては他に、エアパッキン(プチプチ)や薄いウレタンシート、クレープ紙があります。

新聞紙よりクッション性がありますので、より安心ですよね。

 

ネット通販やホームセンター、100円ショップでも購入できますので、
大切な食器はこれらで包んでもよいですね。

 

引越し業者にお願いする場合、エアパッキンなどは、もらえる場合があります。
見積もりの時に、確認してみて下さい。

 

そして、最近注目されているのが、キッチンにある「ラップ」です。
安い物でOKです。

ラップでまくと、隣同士のお皿が固定されて、ダンボールの中で動かないのです。

 

ラップのメリットとして、ダンボールから取り出した後、
洗わなくてもよい点があげられます。

しばらく使わない食器は、ラップしたままの状態でしまってもOK。

新居での作業が少し楽になりますね。(*^。^*)

 

一つ一つ、頑丈に包むことが出来ました。

では、最後に絶対に割りたくない方のために、詰め方のテクニックをご紹介します。

 

食器が割れない詰め方のコツは?

頑丈に包んだ後、箱に隙間なくギッシリと詰めていきます。

 

最初のポイントでも言いましたが、
まず、クッションとなる新聞紙などを敷きます。

次に、重いものから下に詰めていきます。
この時、重心が真ん中にくるように、左右のバランスも考えます。

なるべく中身は同じような種類の食器で統一しましょう。

 

お皿は基本的に、全て縦に立てて詰めます。
コップや茶碗は面積の広い方を下向きに入れます。

長いものを横に寝かすのはNG!です。

 

箱の上部にスペースが出来てしまったら、
ダンボールなどで作った間仕切りを入れて2段目を作ります。

2段目にもクッションを敷き、 軽いものを入れていきます。
隙間があったら、タオルなどでふさぎます。

隙間は敵だと思って、徹底的にふさいで下さい!(`´)

 

ワイングラスは、出来れば他の食器と一緒にしない方が良いのですが、
牛乳パックやお菓子の箱などを利用して、他の食器とぶつからないようにしてもいいですね。

ただし、絶対に上に重ねないように!

ダンボールを閉める前に、新聞紙などのクッションを忘れずに。

 

ただし、ふたを閉めてみて、盛り上がっていたら詰めすぎです。
他の荷物が上に乗った時、割れる可能性が出てきます。

 

最後にダンボールを揺らしてみて、コトコト音がしなければOKです。
(緩衝材がこすれ合うカサカサ音なら大丈夫です。)

 

これで、完ぺきな梱包が出来ました!(^O^)/

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

食器の梱包は、引越し作業の中で最難関ですが、
コツさえつかんでしまえば、恐れることはありません。

少し面倒な作業ですが、大切な食器が割れないように、
参考にしてみて下さいね。(^_-)-☆

 

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑