母の日のプレゼントにぴったりなプリザーブドフラワーとは?



母の日のプレゼント、お母さんも好きだし、
贈るならやっぱり花がいいよね(-_-)

最近よく聞くプリザーブドフラワーって、
生花とどう違うのかな??

 

SPONSORED LINK

 

母の日の定番のプレゼントといえば花。

花束や鉢植えなどでも、様々なデコレーションがされていると
あげる側も、もらう側も嬉しい贈り物ですよね。

でもこういった切り花や鉢植えは、水やりや水替えなどが面倒で
気がついたらしおれてしまった…ということもありがちです。

 

そんな悩みに答えてくれるのが、プリザーブドフラワーです。

特殊な加工で花をみずみずしい姿のまま長く保存出来るとあって、
今ではギフトだけでなくウェディングブーケなどでも使われています。

様々なアレンジが楽しめるプリザーブドフラワーについて、
母の日のプレゼントに役立つ情報をまとめました。

 

母の日のプレゼントにぴったりなプリザーブドフラワーとは?

image1

Original update by : 写真AC

 

母の日のプレゼントにぴったりなプリザーブドフラワーとは、どのようなものなのでしょうか?

 

プリザーブドフラワーの「プリザーブド」は、英語で
保存する、維持する、持続するという意味があります。

この名前の通り、すぐに枯れてしまうような花を長寿命で楽しむことが出来ます。

 

いつまでも若々しく綺麗でいて欲しいという願いをこめて、
母の日にプレゼントするにはぴったりです。

プリザーブドフラワーは、脱水液につけたあと、着色液で色をつけ、乾燥させたものです。
ドライフラワーと違い、製造工程で手間がかかりますがその分花が色あせにくく長持ちします。

 

また、生花にない色を着色することが出来るため、華やかなアレンジメントが楽しめます。
水やりの手間がなく、カーネーションのように切り花が長く保たない花でも長期に楽しめます

 

また香りがなく花粉の心配もないため、アレルギーの心配をしなくてすむので、
贈る相手を選ばないところも魅力のひとつです。

また日本のインテリアに合わせて、小さめのサイズが豊富なのもうれしいですね。

 

そんなプリザーブドフラワーにも短所はあります。
それは生花よりも購入価格が高くなってしまうということです。

では具体的にどれぐらいのお値段なのか、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

プリザーブドフラワーの値段ってどれくらい?

プリザーブドフラワーの値段はどれぐらいなのでしょうか?

 

オーガニック加工が施されているプリザーブドフラワーは、
生花の約3倍の値段が相場になります。

プリザーブドフラワーに加工すると保存状態によっては数年は楽しめますので、
ある程度値段が張るのは仕方ないかもしれません。

 

そんなに高いなら、普通に花束を贈ったほうが安いのかな…と心配になるかもしれませんが、ご安心ください。

最近ではプリザーブドフラワーの需要が増え、手に取りやすい低価格のアレンジメントの商品も多く出ています。

写真のフレームサイズぐらいのアレンジメントなら、3000円以内で買うことが出来るものもあります。

 

花だけのアレンジメントでそれなりにボリュームのあるものを、と考えるとお値段もそれなりに張りますが、最近では花と一緒に様々なアレンジがされた商品も出てきています。

ではプリザーブドフラワーを使ったアレンジメントのバリエーションには、
どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

プリザーブドフラワーにはどんなバリエーションがあるの?

image2

Original update by : 写真AC

 

プリザーブドフラワーにはどんなバリエーションがあるのでしょうか?

 

和室に合わせてかごや陶器に生けたものや、洋間やリビングにぴったりのフレームタイプ、
箱に入った小さめサイズのアレンジメントなどがあります。

 

壁掛けにしたり、時計と組み合わせたりするアレンジメントも人気で、
ぬいぐるみとセットのものなどもあります。

 

また値段などから人気なのは、手に持つサイズのアレンジメントで、写真と合わせて飾るブック型のもの、また造花やドライフラワーと組み合わせたリースなど、様々なサイズのものがあります。

 

ちょっとしたところにさりげなく飾っておけるような小さなサイズのものも人気です。

 

プリザーブドフラワーは加工しているため生花より破損しやすく、
そのため寄せ植えのような形でのアレンジメントが多くなります。

また湿気に弱いため、できればクリアケースとセットになったものを選びましょう。
埃よけにもなり、花の色あせをふせぐことも出来ます。

 

綺麗な花を長く楽しめるブリーザブドフラワーですが、
普通の花屋さんでは扱っていないところもあります。

ではどんなところで買えばいいのでしょうか?

 

プリザーブドフラワーはどんな場所で買えるの?

プリザーブドフラワーはどこで買えばいいのでしょうか?

 

楽天やヤフーショッピングで出店しているお店の他、
日比谷花壇などの専門店やプリザーブドフラワーの専門店などで購入することが出来ます。

またプリザーブドフラワーを作るには特殊な技能や資格は必要なく、
専用の液と容器、そして生花があれば家で作ることも出来ます。

 

初心者でも簡単に作ることが出来るキットなど、様々なキットが専門店やネットショッピングでも販売されていますので、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね=*^-^*=

 

ほとんどの花がプリザーブドフラワーとして加工が可能ですが、花によっては商業上の都合によりあまり市場では見かけないものなどもあります。

探してみたけど、お母さんが好きなあの花はプリザーブドフラワーで見かけないな…
というときには、手作りにしてもいいかもしれません。

ただ花によっては壊れやすかったり、色がつきにくいものもありますので、
手作りにするか、市販のものにするか、色々見比べて決めてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ドライフラワーと違い、加工の手間はかかりますが、長く花を楽しむことができるプリザーブドフラワーは、いつまでも元気でいて欲しいお母さんへのプレゼントにぴったりですね(* ̄∇ ̄*)

 

定番のカーネーションだけでなく、ちょっと変わったカラーリングのバラなどもありますので、
ぜひプレゼントにしてお母さんをびっくりさせてあげてみてくださいねo(*^▽^*)o~♪

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑