初七日から四十九日までの流れとは?それぞれの意味は?



葬儀は終わったけど、次に行う初七日や四十九日って

どんな意味があるんだろう( ´・_・`)?

 

pic1

Original update by : 足成

 

葬儀を終えてこれでやっと落ち着ける、そう思ってる方はいませんか?

日本では葬儀までを無事に終えたと同時に、初七日や四十九日の準備が始まります。

これは故人を送るための大事な法要のひとつですので、しっかりと準備を整えましょう。

 

 

最初に行われる初七日法要とは?

SPONSORED LINK

 

 

初七日とは、亡くなった日から七日目に行われる仏教の追善法要のひとつです。

仏教ではこの七日目に故人の魂が三途の川のほとりに到着される日とされていて、故人の行く先が激流か急流か緩流かのいずれかを渡るのかが決まるまでの最初の日となっています。

 

初七日の数え方は亡くなられた日を一日目として数えて、七日目が初七日法要の日としますが、地域によっては亡くなられた前日を一日目と数えることがあるので、葬儀をおこなう地域の方や葬儀社の担当者に確認するようにしましょう。

 

定義上ではこの数え方のもとで、七日目に初七日を執り行うのが基本なのですが、最近では葬儀と同じに、「繰り上げ法要」として初七日を一緒に行うことが多いようです。

こうなった要因として、参列してくれる方の時間や交通費(遠方から来ている場合)などを考慮して、葬儀当日に行われるようになったようですね。

 

スポンサードリンク

 

初七日から四十九日までの流れとは?

仏教において初七日から四十九日までの間を中陰とよび、

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四十九日)と、
本来はこのように七日ごとにお経を読み上げ、追善法要をするものなのです。

しかし現在ではより重要な初七日、五七日、四十九日
親戚などが集まり供養することが多くなっています。

 

また、供養を続ける以外にも四十九日までにやっておくべきこととして、
本位牌の準備や仏壇の準備などがあります。

四十九日を境に、これまで使用していた白木位牌から本位牌魂を移し、
仏壇がある場合は仏壇の開眼法要を行います。

 

本位牌には戒名の文字入れをしなければならず、依頼から完成までは1週間~2週間程度かかります。

また仏壇を購入する場合も、店舗によっては郵送に時間が掛かる場合があるため、余裕をもって2週間前くらいには手配しておくようにしましょう。

四十九日は故人の行き先が決まる大事な日ですので、式場や僧侶、料理などの手配はきっちり済ませておくようにしましょう。

 

四十九日が終わるまで注意すべき点とは?

pic2

Original update by : 足成

 

葬儀から四十九日まで忌中と呼ばれ、死を恐れ、これを穢れとし、死者の出た家から穢れを他の家や祝いの場に持ち込まないようにしなければなりません。

この考えは元々真道に由来するといわれていますが、今現在では多くの人に広まり、それが慣習として続いています。

 

具体的な例としては、

  • 結婚式などの出席は控える
  • 神社へのお参りは控える
  • 年末年始のあいさつは控える

これに加えて、年末と忌中が被った場合には喪中はがきを出すことを忘れないようにしましょう。

 

 

最後に行われる四十九日とは?

追善法要でもっとも重要とされ、最後に行われる四十九日とは、故人の魂が閻魔大王からの裁きを受け、三途の川の流れが決定される大切な日です。

 

この日をもって遺族・親族は忌明けとなるため、盛大に行われます。

基本的にはやはり亡くなってから四十九日目に行うのが正しいのですが、初七日と同じような理由で最近では四十九日の週の週末に行われることが多いようです。

このように割とアバウトになっているとはいえ、亡くなってから三か月以内に行わないといけないようです。

 

なぜなら、故人の魂がこの世をさまようのが四十九日間で、この四十九日をもって成仏するといわれているため、あまり長い時間あけてしまうといつまでの成仏できないといわれているからになります。

 

そのあたりの細かいところは遺族や親族、業者の方と話し合って決めるようにしてください。

 

また、お墓があるならこの四十九日の法要の時に納骨をします。

 

法要については、こういった記事も読まれています。

法事後の会食は必要か?セッティングの流れはどんな感じ?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初七日から四十九日までにやっておくべきことは、
位牌の準備・仏壇・お墓などの購入や四十九日の式場などの手配です。

お仏壇などは届くまでに時間がかかってしまうことがあるので、
なるべく早めに手配をするようにしましょう。

遺族の方々や式場の都合をかみ合わせて、なるべく当日に近い日に行えるように、こちらも早めに確認をとることを忘れないでください。

 

初七日は故人の行く先を決める始まりの日で、
四十九日はその行き先が決まるとても大切な日です。

それまでの間には七日毎に法要を行わなければならないのですが、全員が集まれなくてもお線香やお経をあげたりなど、なるべく故人を想うことが大切です。

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑