名刺交換をする際に守るべきマナーとは?渡すタイミングはいつ?



名刺交換のタイミングが分からない!

気づくといつも逃してしまって上手くいかないなぁε-(ーдー)ハァ

 

Original update by:acworks

 

仕事に慣れてくると同時に機会が増えるのが名刺交換です。
取引先に顔と名前を覚えてもらうために欠かせないツールですね。

 

しかし初めのうちはなかなか、名刺交換のマナーや
タイミングが分からずにモタついてしまいがちです。

ここでは名刺交換をマスターすべく、名刺交換のマナーや
渡すときのタイミングなどを書いていきます(-_☆)キラーン

 

名刺交換をするタイミングはいつ?

SPONSORED LINK

 

 

名刺交換が発生するのは取引先との顔合わせや、
今後お付き合いがありそうな相手と繋がりを持たせるために使います。

取引先を訪問した時、自分の会社に来客があった時、
紹介された時など名刺交換の機会は結構多いものです(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 

名刺交換をするタイミングの基本は「会った直後」です。
紹介の際は挨拶をする時に渡すのが良いでしょう。

応接室などに一度通されることもあると思います。
そういった場合は落ち着いた場所に移動してから渡すのが良いです。

あまり焦ると変なタイミングになってしまうので、
名刺のことにばかり気を取られないように、状況をよく見ましょう。

またのんびりと構えていて渡しそびれてしまった・・・
なんてことのないようにしたいですね アセアセ…A=´、`=)ゞ

 

スポンサードリンク

 

名刺交換時に最も避けたいミスとは?

名刺交換ではこれだけは避けたいミスというものがあります。

 

その筆頭に上がるのが「名刺切れ」です(o ̄∇ ̄)o!!ガーン

先方と会う約束があると分かっていたにも関わらず、
実際に会って名刺交換の際に名刺が切れていた、というのは失礼です。

名刺は定期的にチェックをして名刺を切らすことのないようにしましょう。

 

また名刺チェックの時に名刺の状態も確認します。

汚れていたり、ヨレヨレになっている名刺を渡すのは失礼ですし、
相手も良い気持ちはしません。

また異動などで部署名や役職が変わった場合は、
変更事項が正しく反映されているかもしっかりと確認しましょうφ(゚ρ゚*) メモメモ

 

万が一、名刺を切らしていた場合は相手に謝罪します。
そして後日、会う時には名刺を用意して渡すようにしましょう。

その時も再度、謝罪の言葉を忘れずに。

 

名刺交換をする際に守るべきマナーとは?

Original update by:acworks

 

名刺の渡し方でその人の印象も決まってしまいます。
ポンと雑に名刺を渡されたら、どんな印象をうけるでしょうか?

 

「信用のある人」ということにはならないですよね。
名刺交換でのマナーは知らないと大変なことになりかねないのです∑(=゚ω゚=;) マジ!?

名刺交換をする時は必ず立って受け渡しを行うのがマナーです。
座っている時に相手が名刺交換を求めてきたら、素早く立ちましょう。

 

名刺を渡すときには目下の人から渡すのがマナーです。
これは年齢的なものではなく、通常は訪問者側が先に名刺を渡すことになります。
自分が訪問したにも関わらず、相手からの名刺交換を待っているようではいけません。

 

更に、複数人で名刺交換する場面もあるでしょう。
例えば上司と先輩とあなたの3人で取引先を訪問したとします。

その場合はまず、上司が名刺交換をします。
更に先輩が名刺交換をした後にあなたは自分の名刺を出してください。

渡す相手が複数人いる場合は、先方の役職が上の人から渡すのがマナーです。
いただいた名刺はすぐにしまってはいけません。

 

名刺入れに乗せる形でテーブルの上に置いておきます♪(* ̄ー ̄)v
会議の中で相手の名前を口にする際に間違いを防ぐことができます。

 

名刺交換の正しい渡し方・受け取り方とは?

名刺交換の正しい渡し方と受け取り方を確認しておきましょう。

 

受け渡しに共通する注意事項としては、
相手と自分の間に机を挟んだ状態で交換するのはマナー違反という点になります。

渡す側が必ず相手の近くに回り込んで渡すことが大切です(゚ー゚☆キラッ

 

渡し方

名刺は適当な袋や箱に入れておくのではなく、
必ず名刺入れに入れて用意しておきましょう。

名刺入れは腰より低い位置から出してはいけません。
常に胸ポケットに常備しておくことをお忘れなく。

 

名刺を渡す際は名刺を相手に向けた状態で低い位置に差し出します。
ただ渡すだけでなく、自分のフルネームを名乗ると良いでしょう。

名刺は必ず両手で渡すのがマナーです(≧∇≦)b OK
名刺入れの上に添えて両手でお渡ししましょう。

 

受け取り方

相手の名刺を受取る時も両手で受け取ります。
その時も黙って受け取るのではなく「頂戴いたします」など一言添えます

名刺を確認して相手の名前を復唱したり、読めない漢字に「何とお読みすればよろしいですか」と尋ねるのは決して失礼な事ではありません

間違えて相手の名前を覚えてしまう方が、後々、失礼に当たりますので、名刺交換のタイミングでしっかりと確認しておきましょう( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪

 

まずは基本を押さえて、相手に失礼のない対応ができるようにしたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

名刺交換はマナーを知らないと難しいことのように感じますが、
マナーや注意事情を知っておくと、とても役に立ちます。

ビジネスマンにとっては避けて通れない動作でもあるので、
最初は上司や先輩の様子を見ながら、身につけていきたいですね\(^▽^)/

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑