祇園祭への行き方や当日の交通規制の状況は?日程はいつ?



京都の夏のお祭りといえば祇園祭だよねo(^-^)o

でもどこに行けばあの山鉾とかが見ることが出来るんだろう??

 

image1

Original update by : yukihiro.m

 

京都に夏を来たことを告げるお祭りとして、1100年以上の歴史を誇る祇園祭。

長い歴史の間に中断を余儀なくされたこともありましたが、京都の多くの人々に支えられ、現在に至るまでその伝統を守り続けている祭です。

 

約1ヶ月続く祇園祭をたっぷりと楽しみたいあなたのために、おすすめの見学スポットや、祇園祭の間に行われる交通規制など、行く時に知っておきたい情報をまとめました。

 

祇園祭の日程はいつ?

SPONSORED LINK

 
 

 

長い歴史を持つ祇園祭はいつおこなわれるお祭りなのでしょうか?

祇園祭は7月1日から1ヶ月にわたって行われる祭です。

 

祇園祭のメインは、宵山と山鉾巡行です。平成26(2014)年に後祭が復活し、山鉾巡行が前祭(7月17日)と後祭(7月24日)の2日間に分かれるため、各巡行日前の3日間がそれぞれ宵山にあたります。

 

前祭宵山は7月14日から16日後祭宵山は7月21日から23日に行われ、巡行を控えた山鉾を見学したり、山鉾に搭乗したり、各町で伝承する踊りの披露を見学するなど、宵山ならではの様々な楽しみ方が出来ます。

また宵山期間のみの特別メニューが山鉾町内にある様々な店で味わえ、毎年違った趣向を楽しめます。ただし露店の出店は前祭の宵山のみとなっています。

 

そして祇園祭の最大の見どころである山鉾巡行は、前祭、後祭ともに京都の中心部を巡行し、多くの見物客が集まります。また宵山の前に行われる曳初め・舁初めで行われる山鉾の試し曳きは、綱をひくと1年の厄除けになるといわれていて、曳初めのハシゴをする人々で賑わいます。

その他にも17日に行われる神幸祭の神輿渡御や24日に行われる花笠巡行、還幸祭の神輿、28日に行われる神輿を清める儀式である神輿洗などもたくさんの見物客が集まり、祇園祭を楽しみます。

 

では祇園祭のメイン会場となる場所へは、どのように行けばいいのか見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

祇園祭への行き方・アクセス方法は?

祇園祭にはどのようにいけばいいのでしょうか?
またどんなアクセス方法があるのでしょうか?

祇園祭の宵山に行くなら京都駅から地下鉄烏丸線の四条駅、
山鉾巡行を見るなら前祭は四条駅、後祭は同じく地下鉄烏丸線の烏丸御池駅、
もしくは地下鉄東西線烏丸御池駅が最寄り駅となります。

神事が行われる八坂神社の最寄り駅は京阪本線の祇園四条となります。

 

 

祇園祭のメインイベントとなる山鉾巡行は、前祭と後祭では巡行路が違います

また出発時間前に行われる「くじ改め」といわれる山鉾巡行の順番確認が始まる9時前後には、最寄り駅周辺は大変な人混みとなります。

山鉾をみるなら四条駅から歩いて、四条川原町の交差点付近で巡行を待つか、もしくは地下鉄の市役所前で下りて巡行を待つのがおすすめです。

四条川原町の交差点は道が狭いので、混雑を避けたいなら川原町御池、深町御池の交差点で待つのもおすすめです。

 

 

でもはじめて祇園祭を観に行く場合、どれぐらいの人混みなのかは予想が出来ません。ゆっくりと山鉾巡行を楽しみたいなら、事前に有料観覧席のチケットを取るのもおすすめです。

平成28(2016)年は前祭巡行の観覧券は6月7日から、後祭巡行の観覧券は6月14日よりインターネットやコンビニのチケット発券機、各旅行会社、京都市観光協会などで販売が開始されます。

 

では事前に知っておきたい祇園祭の期間中に行われる交通規制について、見ていきましょう。

 

祇園祭当日の交通規制はどんな感じ?

image2

Original update by : Hidetsugu tonomura

 

祇園祭当日は、各所で通行止めなどの交通規制がしかれます。
では、交通規制はどのような場所でされるのでしょうか?

 

祇園祭の交通規制は、鉾建てが始まる10日から宵山期間山鉾巡行日を含めて25日まで行われます。その間、巡行エリアに合わせて交通規制が敷かれます。

平成28年度の細かい日程や交通規制に関して、公式のアナウンスはまだですが例年同じような形で規制がかかります。

前祭の宵々山(15日)と宵山(16日)の2日間は午後6時から11時まで、烏丸通の御池から高辻間と四条通の東大路から堀川間を中心に市内中心部が歩行者天国となります。また、後祭(24日)の山鉾巡行では四条通と御池通で車両通行止めとなり、御池通の一部では臨時的に一方通行となります。

他にも、この2つの通りを結ぶ道などでも通行止めとなっている個所があるため、注意が必要となります。

 

このように、期間中は四条通などの主要道路を中心に、ほぼ終日車両通行止めとなる区間も多くあります。

詳細は、京都府警察のHPにてアナウンスが出るかと思います。今年度はまだ正式なアナウンスがまだですので、春頃にまた確認されると良いかと思います。

京都府警察ホームページ:http://www.pref.kyoto.jp/fukei/index.html

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

初めて祇園祭に参加するなら、山鉾巡行や宵山を楽しむのがおすすめですが、山鉾の鉾立てや山建て、曳初めなど、ほかの祭では見ることが出来ない光景に立ち会えます。

山鉾巡行は大変な人混みで、また12時ぐらいには巡行が終わり、すぐに解体されてしまいますので、事前に山鉾町の場所や見どころポイントをチェックしておきたいですね。

1ヶ月続く祇園祭と一緒に、京都観光もぜひお楽しみください(o^∇^o)ノ

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑