端午の節句に込められた意味は?お祝いを貰った場合のお返しとは?



今年はうちの子が初節句なのよね( ̄ω ̄;)

初節句ってお祝いしないといけないみたいだけど、
どんな由来があるんだろう??

お祝いをもらったらお返しとかどうしたらいいのかな…(・_・;?

 

160301-07

Original update by : 写真AC

 

端午の節句は、今はこどもの日としてのほうがなじみがありますが、もともと日本ではこの日に男の子の健やかな成長を祈願して、さまざまなお祝いや行事を行う日本の年中行事です。

現在では日本の祝日のひとつとして、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること」が趣旨となっています。

 

端午の節句を祝う習慣は、時代の移り変わりと共に変化しましたが、今でも男の子のいる家庭では、初節句を家族、親族総出で祝うしきたりがあります。

その端午の節句の由来や込められた意味を詳しく知ると共に、お祝いをもらったときのお返しについて、役に立つ情報をまとめました。

 

端午の節句はどんな行事?

SPONSORED LINK

 

 

端午の節句とは、どのような行事なのでしょうか?

 

5月5日の端午の節句は、菖蒲の節句ともいい、男の子の健やかな成長と健康を祈願する行事です。厄除けの意味をこめて、鎧や兜、刀、または五月人形を飾り、たくましく育つよう願いをこめて菖蒲の花を飾ります。

また、立身出世を願って、鯉のぼりを立てます。健康を祈り、縁起物として、柏餅やちまきを食べたり、お祝いをしてくれた人への手土産にすることもあります。

 

では端午の節句は、なぜ男の子のお祝いの日となったのでしょうか?
この日のもともとの由来や込められた意味について見てみましょう。

 

スポンサードリンク

 

端午の節句に込められた意味とは?

端午の節句に込められた意味とは、どのようなものなのでしょうか?

 

端午の節句には、男の子の誕生と成長を祝う意味が込められています。

もともと端午の節句は、月の端(はじめ)の午の日という意味でしたが、中国の陰陽五行説に由来して、伝統的な年中行事を行う季節の節目となりました。

 

武家社会へと移り変わる中で、厄災よけとして飾られていた「菖蒲」が「尚武」(武士を尊ぶ)の節句とされ、江戸時代には幕府の重要な式日とされました。

将軍に男の子が生まれると、玄関前に馬印や幟を立てて祝ったことから、やがてこの日は男の子の誕生と成長を祝うお祭りへと変わっていったのです。

 

鎧や兜、刀は身を守るために、鯉のぼりは中国の伝説にある登竜門を鯉が登ったという由来から、菖蒲の花は古来から毒よけや厄落としとして使われていたことから、季節の節目であり、病気にかかりやすかった節句の日に飾る習わしとなっています。

 

男の節句とされていたため、鎧や兜はその家の男性が飾るという風習もあったようですが、現在ではそういったことはなく、男の子が生まれて初めての節句を「初節句」として祝うことが今も続いています。

初節句にはちまきを、2年目からは新しい芽が出るまで葉を落とさない柏にあやかって「家督が途絶えない」縁起物として柏餅を食べる風習もあります。

またその香りから厄除けとされて飾られることの多かった菖蒲を湯にいれて、「菖蒲湯」に入り、健康を祈願します。

 

菖蒲湯については、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。
↓ ↓ ↓
こどもの日になぜ柏餅を食べるの?菖蒲湯に入る理由は?

 

現在では毎年端午の節句を盛大に祝うことは少なくなってきましたが、節目として「初節句」はお祝いする習わしになっています。

 

その初節句でお祝いを貰ったときには、お返しはどうすればいいのでしょうか。
その場で困らないよう、お返しの相場や品物などについて見ていきましょう。

 

端午の節句にお祝いを貰った場合のお返しとは?

160301-08

Original update by : 写真AC

 

子のすこやかな成長を祈り・お祝いする思いから、
端午の節句に贈り物をもらう事もあるでしょう。

端午の節句にお祝いを貰った時のお返しはどうすればいいでしょうか?

 

実は、本来、初節句のお祝いに対するお返しは不要とされています。お祝いを貰うお返しとして、初節句のお祝いの席を用意するのが習わしとなっているからです。

でも最近では家で初節句をお祝いせず、お店で行ったり、また親族が遠方在住のためお祝いだけをいただくことも多くなってきています。この場合は内祝いとしてお返しをするのがマナーです。

 

お返しはいただいた金額の3分の1から2分の1ほどを目安として、祝い菓子を送ります。日持ちのする「紅白の砂糖」や「かつおぶし」、「タオル」などを送ることが多いようです。また品物と一緒に、子どもの写真を同封したり、フォトフレームにいれて一緒にプレゼントすると喜ばれます。

初節句のお祝いの準備で後回しになりがちですが、遅くとも5月中にはお返しを贈るのがマナーとなっていますので、早めに準備をしておきたいですね。

 

またのしは蝶結びの水引きで、名入れは生まれた子どもの名前を書くことになっていますから、間違えないように気を付けましょう(o^∇^o)ノ

 

初節句のお祝いを送る場合はこちらの記事を参考にしてくださいね。
↓ ↓ ↓
孫への初節句のお祝い金には相場はあるの?贈り物をする場合の注意点は?

 

まとめ

いかがでしたか?

 

端午の節句を祝う風習は少なくなってきましたが、古くから大切にされてきたしきたりであり、節目の行事として「初節句」はきちんとお祝いしたいもの。

また双方の親戚や両父母にも、お祝いして貰ったお返しをきちんとして好印象を持っていただきたいですよね。

 

そのために今回の記事はきっと役立つはず。

初節句を家族全員でお祝いして、素敵な一日にしてくださいね(*´∇`*)

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑