基本的な香典袋の書き方とは?中袋はどう書くのか?



不幸があって葬儀に参列することになったが、
香典袋の書き方はどのように書くのが一般的なの?

中にも袋があるが、これには何を書くのが正しいの?

 

Original update by : 写真AC

 

年齢を重ねると葬儀や告別式へ参列したという話を聞くことが増えてきます。

服装や式での振る舞いはわかっていても香典の書き方や包み方については
どのやり方が正しいのか意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

しかし、これは大人のマナーで身に着けておくものの一つなのかもしれません。
今回は、香典袋の基本についてまとめてみました。

 

香典袋を用意する前に確認すべきことは?

SPONSORED LINK

 

 

身近な人に不幸があったと連絡をもらった時に最後を見送りたいと思うのは当然のことですね。
葬儀や告別式に参列しようと思ったら、喪服の用意だけでなく香典の用意も必要になります。

一般的に香典の相場は故人との続柄や生前の関係で目安がありますが、
香典袋に種類があることや書き方の違いはご存知ですか?

 

これは、故人や遺族の宗教に関係してきます。

できるだけ失礼がないように、訃報の知らせを受けた時点で先方の宗教を聞いておきましょう。

 

香典袋の種類は、仏式であれば蓮の花が描かれているものや無地のものを選びます。
キリスト教であれば十字架やユリの花が描かれたものを選びます。

表書きの書き方は、仏式では「御霊前」や「御香料」と書きます。
神式では「玉串料」や「御神前」、キリスト教では「お花料」と書きます。

 

さらに言うなら、包む金額によって若干違いがあります。
10,000円以上包む場合、水引がちゃんとあるものを選びましょう。

友人や隣人で3,000円~5,000円であれば印刷された水引のものを選びましょう。

 

スポンサードリンク

 

基本的な香典袋の表書きとは?

基本的な香典袋の書き方を紹介します。

まずは袋の水引の上中央にそれぞれの宗教に合った「御霊前」「御香料」「御供」などを書きます。

そして、水引中央下に先に書いた字よりも小さ目で自分の名前をフルネームで書きます。
基本的に毛筆で書きますので、筆ペンなどを用意すると良いでしょう。

 

香典袋によっては、あらかじめ印字されたものもあったり、いろんな種類の帯が入っていて袋の中央に貼り付けられるものもあり、あとは自分の名前を入れれば良いというものもあります。

そういった香典袋を買うのも手ですね。

 

個人連名の場合は、3名までがバランス良いです。

会社関係であれば目上から目下の順に友人関係であれば五十音順に右から順に書きましょう。

それ以上の人数で香典を贈るのであれば代表者1名をフルネームで書いて
その左側に「外一同」と中央に書くのが一般的です。

 

名前を書く筆墨の色は薄墨です。

これは、弔事の時は「涙で墨も薄まる」というしきたりから来ています。
普段から1本常備しておくと便利ですよ。

 

香典袋に裏書は必要か?

Original update by : 写真AC

 

これは、香典袋の中にもう1枚袋が付いているかどうかによります。

もしも中袋があるのであれば、中袋に書きます。
付いていないのであれば裏面に書きましょう。

 

何を書くのかというと、自分の郵便番号や住所、包んだ金額を書きます。
これは、後で遺族が香典の整理をする時の負担を軽減するためです。

ですので、どんなに親しい間柄でも必ず書くようにしましょう。

 

香典袋に付いている中袋の書き方は?

香典袋に中袋が付いている場合は、中袋に必要な情報を書きます。
後に整理する際、喪家の方が読みやすいように楷書でわかりやすい文字で書きましょう。

 

書き方は、まず表面に包んだ金額を書きます。
金額は基本的に、漢数字を使うようにします。

注意が必要なのは、壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)です。

例えば、5000円包む場合は、「金 五阡円」と書きます。
この時、「也」は、付けません。

 

次に裏面です。裏面には、自分の郵便番号、住所、名前を書きます。

表袋に名前を書きますが表袋と中袋は別に管理するのが一般的なので、
必ず記名を忘れないように注意してください。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、香典袋の書き方についてまとめてみました。
意外と知られていないお悔みごとでの常識があったのではないでしょうか。

突然に訃報を受けて慌てないためにも事前に知っておくと便利ですね。

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑