和装の喪服で葬儀に参列する際のマナーとは?髪型はどうする?



近しい親族のお葬式に和装で行きたいけれどちょっと不安。

知らないといけないマナーを学んでおきたい!

 

Original update by:acworks

 

身内に不幸があった場合、急なお葬式に行かなければいけません。
今はほとんどが洋式の喪服ですが、親族の方など中には和装でお葬式に参列される方もいるでしょう。

和装の場合は普段思いもよらないようなマナーが隠れている場合があります。
当日、恥をかくことの内容に事前にしっかり理解しておきたいですね。

ここでは女性の和装喪服のマナーについてまとめてみましたφ(・ω・ )かきかき

 

女性の基本的な和装喪服とは?(見た目の特徴や既婚者未婚者などによる違いやマナーなど)

SPONSORED LINK

 

 

最近は減りましたがお葬式の女性の服装と言えば和装でした。
カラフルな着物ではなく黒い着物を着てお葬式に参加します。

 

正喪服として黒無地染め抜き五つ紋付の着物で、
喪服の生地は関東では黒の羽二重、関西では黒の一越縮緬が多いとされています。

半襟、長襦袢は白、帯は黒の袋帯か名古屋帯として帯締めは黒の平打ちか丸くげ、
足袋は白、草履は布製の黒か畳表付きで鼻緒は黒です。

 

帯止めは不要になります。

正喪服は基本的に喪主を始めとする遺族や親族だけが着用する第一礼服となります。

 

また和装の喪服は既婚者か未婚者かでもマナーが異なります。

一般的には喪服の場合、既婚も未婚も関係なく着用して問題ありません。しかし、周りから見るとやはり和装の正喪服で出席している女性というのは、洋服喪服よりも格上と受取る方が多いようです。

親戚のお葬式で和装で行くという場合は事前に喪主やその家の人に相談してみるのが良いと思います。

 

もし和装でお葬式に行く場合は最低限守らなければいけないマナーとして、
喪主が女性の場合は喪主、男性の場合は喪主夫人の服装の格を超えないことです。

これさえ守れれば、既婚でも未婚でも和装での出席は問題ありません。

 

スポンサードリンク

 

和装の喪服はどうやって用意する?

和装でお葬式に行く場合、和装の喪服を用意する必要があります。
洋服と違い、和装はすぐに買えるものではありません。

いつ必要となってもいいように、できればあらかじめしっかりと選んで購入しておくことが大切です。
慌てて購入してサイズが合わないとか、格式を考えなかったということのないようにしたいですね。

また、急なお葬式で和装がない場合や、購入するのは躊躇われる場合には、
レンタルという方法もあります。

 

今は和装をする人が少なくなっていますので、主にレンタルをする人が増えていますね。

もしレンタルする場合でも直前に慌てて手続きをするのはおすすめできません。
お葬式が決まった段階で速やかに、レンタルの手続きを取ってください。

慌ただしく故人を見送るのではなく、最後は落ち着いてしっかりとお見送りしたいものです。
和装の場合は特に早めの準備が重要になってきます。

 

和装の喪服を着る場合の髪型はどうする?

Original update by:しみるけい

 

和装の喪服を着用する場合、髪型にも注意が必要になります。
和装をしっかり身につけていても、髪型ひとつで印象が変わるものです。

 

まず髪が肩より長い場合は小さくまとめて顔に髪がかからないようにしましょう。
まとめる場合も耳より下になるようにお団子を作ります。

髪をまとめるアクセサリーも黒や紺の目立たない色で、
見た目が派手にならないものが良いでしょう。

 

間違っても高い位置のお団子で華やかな髪型にはしないように気を付けましょう。
パーマなどがかかっていて広がる場合もピンなどで押さえます。

流行りの、後れ毛をふんわりさせるようなテクニックも不要です。
肩くらいのボブの長さの場合は顔にかかる髪をピンでとめる程度でOKです。

ちなみに、ショートカットの場合はそのままで問題ありません。

 

髪色については、あまりにも明るい色の場合は黒く染めるなどした方が良いでしょう。
スプレーを使って髪を押さえる場合は無香料のものを使用します。

顔が見えないほど前髪が長いものNGです。
顔周りはスッキリさせて、清楚な印象を心がけましょう。

 

和装の喪服を着る場合にアクセサリーは必要か?

お葬式は故人をお見送りして喪に服すための行事です。
特に親族であれば尚更のことですね。

基本的にアクセサリー類は身につけないのがマナーです。
既婚者や婚約者がいる人は結婚指輪や婚約指輪を付けるのは問題ありません。

 

アクセサリーと同様にお化粧にもマナーがあります。
喪服の時には「方化粧」といい、紅を差さないのがしきたりです。
赤いマニキュアやアイシャドウ、マスカラも避けます。

 

口紅を付けたい場合はごく薄い色(唇に近い色)や、
リップクリームだけにするのが一般的です。

グロスやラメなど光沢素材が使われているものも避けましょう。

お葬式に自分を良く見せるようなお化粧は必要ありません。
さすがにノーメイクは、社会人としてマナー不足となるので、最低限のお化粧をします。

派手な色やキラキラするメイクは絶対に避けなければいけません。

 

まとめ

いかがでしたか?

和装でお葬式に出るとなると、難しいマナーがありそうで、
なかなか一歩を踏み出せないという人もいるでしょう。

しかし最低限のマナーを知ることで決して難しいことではないということが分かります。

正しいマナーで和装のお葬式に参列してくださいね(⌒∇⌒)

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑