ふくさを用いた正しい香典の包み方とは?出し方のマナーはある?



葬儀に参列する時に香典はふくさに包むと知ったが、
包み方をマスターしたい!

ふくさに包まれた香典を出す時には、何かマナーがあるのかな?

 

SPONSORED LINK

 

葬儀や告別式に参列するようになると目にするのが、
香典を包む「ふくさ」という布です。

弔事には香典袋やお悔み用ののし袋をふくさに包んで持参するのが正しいマナーです。
水引が外れたり、汚れたりしないためにも必要不可欠なものになります。

今回は、弔事のふくさの包み方と出し方のマナーについてまとめました。
大人のマナーとして身に着けておいて損のないことなので、一緒に勉強しましょう。

 

香典を包む際に使うふくさの選び方とは?

Original update by : 写真AC

 

もともとふくさは、相手に現金やのし袋、進物など大切なものを贈る場合に使われていました。
ふくさの素材は、絹や縮緬でできたものが主流です。

弔事だけでなく慶事でも、ご祝儀を包んだりするのに使うことから、
ふくさの色の種類は明るい色から暗い色まで幅広く様々な色があります。

 

香典を包むためのふくさの選び方で大切なのは「色」です。
明るい色のものを選ぶのではなく、落ち着いたダークカラーのものを選ぶようにしましょう。

弔事用の色は、紺・深緑・灰緑・うぐいす・薄グレー・紫などです。

紫に関しては、慶事でも良いとされる色なので1枚持っていればどちらにも使えますよ。

 

種類としては、ハンカチ状の四角い布タイプが主流です。

しかし、最近では使いやすい金封タイプ、香典の置く場所に固定できる紐状のものや、
台紙が付いているタイプがありますので好みで選べばOKです。

包み方を考えないで良いのは金封タイプで、近年は頻繁に使われているイメージですが、
これは略式であるので1枚だけ選ぶとしたら台紙付き爪付きのものを選ぶと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ふくさを用いた正しい香典の包み方とは?

香典を包むふくさの色はわかったとして、包み方にも注意しなければいけません。

こちらも慶事と弔事では違います。

金封タイプも台紙付きタイプも弔事は左開きにします。

 

金封タイプは、左開きになるようにふくさを置き表書きが読めるように入れて口を封じます。
台紙付きタイプは、まずふくさを裏向きで置き、その上に香典の表書きが見えるように置きます。

この時、中心より少し右側に置きます。それから、右側を内側に向かって折り込みます。

 

次に上下を香典に沿って内側に折り込みます。

最後に左側の布を折り香典の裏側まで包み込むようにすれば完成です。

爪が付いているふくさなどは、最後に折り曲げた布を留められるので、
鞄の中に入れてもほどけないので便利かもしれません。

 

ふくさから香典を取り出す際のマナーは?

Original update by : 写真AC

 

ふくさに包んで香典を渡すとはいえ、
そのままふくさに包まれた状態で渡すわけではありません。

ふくさごと渡すのは不幸を渡すのと同義と考えられているので、
香典の取り出し方や渡し方もしっかり把握しておきましょう。

 

香典をふくさから出す時、まずは右手の上にふくさを乗せて左手で開きます。

香典を取り出した後のふくさは受付台の上に置いてもいいですし、または香典をふくさの上に乗せた状態で香典の表書きが相手の正面向きに見えるように手渡します。

その時に必ず一礼をしてお悔みの挨拶と共に渡しましょう。

お悔みの挨拶としては、「このたびは御愁傷様でございます」や「このたびはお気の毒様でございます」が一般的なものです。

 

 

ふくさがない場合の香典の渡し方とは?

もしも、ふくさが用意できなかった場合はどのように香典を渡せば良いのでしょうか?

無かったからと言って香典を裸で持っていくことだけは避けましょう。
そういう時は、小さい風呂敷やハンカチなどに包んで持っていきます。

色は、黒や白といったあまり目立たない色が好ましいです。

最近では、スーパーや100円均一のお店やホームセンターなどにも置いてありますので、
緊急措置で葬儀前に簡易のものを調達しても良いかもしれません。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

香典を包むふくさには、暗い色のものを選ぶのがポイントで、
さらに包み方や渡し方にも注意が必要なことがわかりましたね。

不幸は突然やってきますので、この機会に1枚買って、
おうちに置いておかれると安心なのではないでしょうか。

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑