二日酔いで頭痛がする時の治し方は?痛くならない賢い飲み方はこれ!



昨日は飲みすぎてしまった

頭が痛くてツライ…( ̄Д ̄;) ガーン

 

Original update by:acworks

 

普段お酒を飲まない人がたまにお酒を飲みすぎて、二日酔いになることがあります。

慣れていないだけに酷い頭痛に1日中悩まされてしまうこともしばしば。
耐えられないほどの頭痛を緩和するにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、二日酔いの頭痛の原因や、頭痛の対処法などを
まとめてみましたので、参考にしてみてくださいねo(*^▽^*)o~♪

 

二日酔いで頭痛が起こる原因とは?

SPONSORED LINK

 

 

お酒を飲みすぎて二日酔いになった場合、どうして頭痛が起こるのでしょうか。

頭痛を改善するためには原因を知ることも大切ですv(。・・。) オッケー♪

 

アセトアルデヒドが分解されていない

アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドという成分があります。

通常はこの成分を完全に分解する力を持っています。

しかし分解できる以上のアルコールを飲んでしまうと
アセトアルデヒドが体内に残り二日酔いや頭痛を引き起こします。

 

血管が拡張してしまっている

アルコールには血管を拡張させる作用があります。

適量飲む分には血行が良くなって、良い効果もあります。

しかし大量に飲むと拡張した血管がなかなか元に戻らずに、
周りの神経を刺激して、片頭痛が起こることがあるのです。

 

脱水症状を起こしている

お酒を飲むと水分を取っているはずなのに喉が渇くという経験は有りませんか?

お酒を大量に飲んだ翌朝は、脱水症状を起こしている可能性があります。
脱水症状が頭痛を引き起こすこともあるのです( ̄Λ ̄)ゞ んむっ

 

スポンサードリンク

 

頭痛のある二日酔いの治し方とは?

お酒を飲みすぎて翌日頭痛を起こす二日酔いになった場合、
どうしたら緩和することができるのでしょうか。

上記の原因ごとに二日酔いの治し方を見ていきましょう。

 

アセトアルデヒドの分解を促す

分解できなかったアセトアルデヒドが原因の頭痛の場合は、
アセトアルデヒドの分解を促してくれるものを摂取しましょう。

身近なものでは「コービー」「紅茶」「緑茶」など、
カフェインの含まれた飲み物を飲むのが良いです(⌒∇⌒)

カフェインにはアセトアルデヒドを早く分解する作用があるんですよ。

また利尿作用もあるので、不要なアセトアルデヒドを体外に排出する働きもあります。

 

血管を収縮させる

血管の拡張により他の神経や筋肉に影響を与えている頭痛の場合は、
血管を収縮させる必要があります。

その場合もコーヒーや緑茶などのカフェィンの含まれたものを飲みましょう。

カフェインを含んだ飲み物には血管を縮小させる作用があるため、
片頭痛を抑えるのに役立ちます。

また、首から肩にかけて湿布や氷などによって冷やすことも効果的です。

血管の拡張を抑える改善方法を取ることが重要です。

 

脱水症状を回避する

脱水症状を起こして頭痛が起きている時には、
大量の水分の摂取が必須になります(゚д゚)(。_。)ウン!

その水分ですが、おすすめはスポーツドリンクです。

肝臓がアルコールを分解する時には「糖分」が必要なのです。

ですからただの水よりも、ある程度の糖分が含まれたスポーツドリンクがピッタリ。
更に吸収性も高いので脱水症状の改善には有効なのです。

 

頭痛があまりにもひどい場合の対処法は?

Original update by:Yutacar

 

二日酔いであまりにも酷い頭痛の場合は、まずは水分を摂取しましょう。

上記で紹介したとおり肝臓機能を高めるために糖分が必要なので、
糖分を含んでいる吸収の良いスポーツドリンクはおすすめです。

 

トイレに行きたくなったらどんどん排出してアルコールを体外に出します。
そしてまた、水分を摂取するのを繰り返します(〃゚д゚;A アセアセ・・・

 

頭が痛くて耐えられない場合は、布団に入って寝てしまうことです。

二日酔いは時間が経過すれば治るものです。

ツライ思いをしながら行動を起こすよりも静かに寝ていた方が、
ダメージは少なくて済みます。

その日1日を無駄にしてしまうかもしれませんが、
自業自得として安静にしていることも大切です(@ ̄ρ ̄@)zzzz

 

最悪は頭痛薬を飲むという方法があります。

しかし二日酔いの場合はアルコールが抜けるまでは気休めにしかなりません。

 

どうしても仕事に行かなければいけない場合や、
用事がある場合は薬を飲んで痛みを和らげる方法もありです。

ただし、鎮痛剤などの場合は、血中の濃度を高めてしまう事もあるため、
飲み方などには注意が必要です。

 

頭痛にならないお酒の飲み方や予防策や対策はこれ!

お酒を飲みすぎて二日酔いになりたくない!でもお酒はやめられない・・・
そんな人は、お酒の飲み方に気を付けましょう。

二日酔いや頭痛にならない為の予防策は2つあります。

 

お酒と同じ量のお水を飲む

お酒の席でお水を頼むなんて恥ずかしい…と思うかもしれませんが、
翌日にツラい思いをしたくないのであれば、恥ずかしがらずにお水を頼みましょう。

お酒と同じくらいにこまめに水分を取ることで二日酔いは防ぐことが出来ます。

賢い人はお酒とウーロン茶を並べて飲んでいるのを良く見かけます。
適度な水分を取ることで脱水症状になるのを防ぐことができますw( ̄o ̄)w オオー!

結果、頭痛を引き起こす原因が小さくなるので翌日の二日酔いを防ぐことが出来ます。

 

 

アセトアルデヒドを分解する成分を摂取する

頭痛の原因にもあった『アセトアルデヒドが分解できない』という問題点を改善していきます。

二日酔いになってからアセトアルデヒドを分解する成分を摂るより、
お酒を飲みながら摂取しましょう。

 

アセトアルデヒドを分解する成分は大きく分けて4つあります。

 

一つ目はセサミンです。

肝機能を高めることで、アルコールの分解機能を高めます。

主にゴマなどに含まれています。
ゴマが含まれた料理は積極的に食べるようにしましょう。

 

二つ目はグルタミンです。

お馴染みのアサリやシジミに多く含まれています。
アサリの酒蒸しやシジミの味噌汁などが良い例ですね((o(^∇^)o))わくわく

 

三つ目はタウリンです。

イカやタコなどに多く含まれています。
お刺身にタコやイカをチョイスするような工夫をしましょう。

 

四つ目はオルチニンです。

ナッツや鳥胸肉、ゴマに多く含まれます。
焼き鳥やから揚げ、炒めものなどの定番メニューで摂取することが可能です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

何も食べずにお酒だけを飲むのは1番良くないお酒の飲み方です。

特に二日酔いになると分かっているのであれば、
必ず何かを食べてからお酒を飲みましょう。

意識を変えて気を付ければお酒に強くなくても
二日酔いとは無縁の生活が送れるはずですよo(*^▽^*)oエヘヘ!

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑