職場でタバコを吸うのはアリ?非喫煙者たちはどう感じてる?



職場でタバコを吸うのって、なんか最近すごく気を使うな・・・

マナーとか、この際ちゃんと確認しておいた方がいいのかも。

職場での喫煙時に気を付けることってなんだろう…(-_-)ウーム

 

SPONSORED LINK

 

タバコを吸う人にとって職場での喫煙は大きな問題です。

職場でタバコを吸ってもいいのか、いけないのかは会社によって変わってきます。

世の中のタバコに対する見解も変わってきていますので、
一般常識としてタバコのたしなみは知っておきたいですね。

ここでは職場でのタバコの立ち位置やマナーなど気になるポイントについて、
まとめてみましたので参考にしてくださいね(*’-‘)b OK!

 

職場におけるタバコに対する見方や変化

Original update by:realworkhard

 

職場でのタバコは昔なら当たり前に許されていたように感じます。

しかし今は禁煙推進の声も多く、喫煙者は肩身の狭い思いをしているのも事実です。

 

タバコが職場でも容認されていた時代は、会議中でも普通にタバコを吸う人がいて、
換気の悪い会議室が煙で淀んでいるというような光景も当たり前でした!?(゚〇゚;)マ、マジ…

しかしタバコは吸っている本人よりも周りで副流煙を吸っている人への影響が大きいという認識が広まり、少しずつ制限が設けられるようになりました。

 

結果、職場でも分煙という喫煙スペースを設ける方法を取る企業が増えましたね。

さすがに完全に禁煙にしてしまう会社は少ないですが、
どの企業でもタバコを吸える場所は決まっているようです。

タバコを吸う人に対して「どこでもOK」から「場所が限定」され、しかもだんだんと喫煙できる場所が狭まって行ったり、外に設けられたりと縮小しているのが現状です。

もちろん会議中にタバコを吸うことは、できないので愛煙者からすると
とてもストレスの溜まる、やりきれない状況なようです。

 

寒い冬などは、外の喫煙ブースで凍えながらタバコを吸っている人もいます。

そこまでしてタバコが吸いたいのか、と横目で見る非喫煙者からしてみれば
不思議に感じられることもあるでしょう。

 

非喫煙者にとっては、タバコの煙は害のあるものでしかありません(。・ε・。)ムー

喫煙者が肩身の狭い思いをしていても、非喫煙者にとってはそれが当たり前
というような空気が漂っているのです。

職場でタバコを禁止している企業は少ないですが、吸う場所が決められていたり
外に出なければいけないなど、ルールがあることを覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

非喫煙者からみた喫煙者とは?

非喫煙者から喫煙者を見る目は意外にもクールです。

 

過去に吸っていて辞めたという人なら、多少喫煙者の気持ちも分かるでしょうが、
全く吸わない人にとってはタバコの魅力が分かりません(-ε-)ブーブー

 

まずタバコのニオイは髪や服につきます。

そしてタバコを吸った人というのは吸わない人からすると、とてもにおうものです。

 

今やタバコがどんどん金額が上がっていき、決して安いものではありません。

それなのに吸う人は1日に1箱も2箱も平気で消耗していきます。

お金の無駄遣い、タバコの分を他に回せるのではないか、自ら身体に悪影響を与えている・・・
そんな風に考える人が多く、あまり良い顔をする人はいません。

 

職場に関して言えば、非喫煙者が1番理解できないのは、「タバコ休憩」が暗黙の了解で許されていることです。

非喫煙者が仕事の合間に休憩を入れてメールやLINEをすると注意されるのに対し、喫煙者のタバコ休憩は一緒にメールやLINEをしても見逃される事実が許せないという声が多いですね。

また、タバコ休憩は1日に何度か行っても許されるのに、
ただの休憩はあまり多くとると白い目で見られます(ー’`ー;)ムムッ

 

こういった労働じゃないのに「労働時間」とみなされているタバコ休憩が許せないという
非喫煙者の意見も、もっともではないでしょうか。

 

それぞれがうまくやっていくための対策は?

Original update by:Thong Vo

 

喫煙者と非喫煙者が上手にやっていくためには、どちらにも心づかいが必要です。

喫煙者・非喫煙者・嫌煙者が入り混じる職場ではトラブルの原因にもなりかねないので、
あらかじめ休憩に規則を作るなどの処置が必要になります(-。-;)

 

非喫煙者からすれば仕事中はタバコを吸わないなどのルールが欲しい所ですが、それをやってしまうと喫煙者にとってはストレスになり、仕事の効率が低下してしまう可能性があります。

 

かといって喫煙者が自由にタバコ休憩をとっていては、不公平になりますよね。

 

まず、喫煙者は忙しい時間にはタバコ休憩を取らないことが重要です。

仕事が忙しくない時間や一区切りついたタイミングでタバコ休憩に行きましょう。

 

そして非喫煙者に「タバコ休憩が長い」「また行くの?」と思われないように、
仕事中は最低限の時間、間隔にするくらいの気遣いは欲しいものです。

 

また休憩時間以外のタバコは「1日○回まで、○○分以内」など社内でルール化すると
不公平さが改善されるので呼びかけが必要です(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

嫌煙者がいる場合、ニオイや煙には敏感です。

喫煙者にとっては気にならないことかもしれませんが、
職場にいる時は気配りをするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

喫煙者と非喫煙者が職場で上手くやっていくためには、
やはりそれぞれの心づかいが大切です。

自分勝手に好きな時に吸いに行く喫煙者でもダメですし、
タバコを全面禁止する非喫煙者もダメです。

 

職場ではお互いが気持ちよく過ごせる空間を過ごす努力をすることが重要ですね。

また、喫煙に関するルールを呼びかける行動を起こすことも
考えてみてはいかがですか(*^-^)ニコ

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑