菩提寺とはどんな寺のこと?納骨でよくあるトラブルとは?



両親が納骨先は菩提寺を希望しているが、
菩提寺って何だろう。

納骨時、お寺とトラブルがおきたりしないのだろうか?

 

SPONSORED LINK

 

両親が年を取ってくると、将来どういう葬儀をしたいか、
納骨先はどこが良いかなど亡くなった後のことについて話すこともあるでしょう。

できれば両親の希望を尊重したいものですが、初めての場合
よくわからなくて戸惑ってしまう事もあります。

代々、お骨は菩提寺に納めているというお家もあるのではないでしょうか?

今回は、菩提寺とはどういうお寺の事をいうのかや、
菩提寺に納骨する際に起こりやすいトラブルなどについてお話しします。

 

菩提寺とはどんな寺のこと?

Original update by : 写真AC

 

そもそも、菩提寺ってどんなお寺のことなのかご存知ですか?

菩提寺は、代々に渡って一族の寺として墓地をおき、
供養していただくお寺の事を指します。

菩提寺の菩提とは梵語で「死後の冥福」「さとり」を意味する言葉になりますが、
この梵語の発音に漢字をあてたのが、「菩提」になります。

 

菩提寺とは菩提所とも言い、一族が代々帰依して葬儀、
追善供養などを行ってもらうお寺の事を言います。

昔は、寺請け制度があり、どこかのお寺に必ず檀家として所属する決まりがありました。

寺請け制度は明治以降に廃止されましたが、いまも地方では、
寺請け制度の中の檀家制度の方は残っていて、今でもお寺との関係が深いようです。

このようなことから、親族、親戚一同が同じ菩提寺である家が多いようです。

 

菩提寺と檀家は深い関係があって葬儀や法事の際は、
この菩提寺の僧侶が戒名を付けて法要を行います。

戒名を授かることは仏弟子になったことを意味し、仏の戸籍簿とも言われる過去帳に戒名が記入されることでその寺に帰依することになります。

 

実は、この菩提寺と同じ意味合いで使われる言葉に、檀那寺という言葉があります。
この檀那寺と菩提寺の違いがイマイチ良くわからないという声もあります。

一体、どのような違いがあるというのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

菩提寺と檀那寺の違いとは?

檀那寺と菩提寺は、どういう違いがあるのでしょうか?

檀那寺も葬儀や供養をお願いしたり、
お墓を管理してもらうお寺というところでは同じ意味です。

実際、檀那寺の事を「菩提寺」と呼ぶ方もたくさんいます。

 

しかし、「お寺の種類」という意味では本来、
菩提寺と檀那寺は成り立ちが違うものになります。

菩提寺は仏教が日本に伝わったころ、貴族や有力な百姓が
一族のために建てたお寺が起源と言われています。

寛永寺や増上寺なども徳川家によって建てられた菩提寺になります。

もっと有名否所で言えば、聖徳太子が建立した法隆寺や蘇我氏の飛鳥寺などでしょうか。

 

一方、檀那寺は江戸時代の寺請制度の開始に伴って作られていったお寺になります。

檀那寺ができた当時には各々の家単位で特定の寺院に所属させることを強要した、
寺請制度がありました。

江戸時代に、キリスト教を禁止させることが目的であったとされていますが、
この時に受け入れ先となったお寺が檀那寺になるのです。

この制度では、葬祭供養一切を寺院に任せる代わりに、お布施をお寺におさめます。

檀那寺はこのお布施ありきで建てられたお寺であるという事になります。

 

明治以降に寺請制度は廃止されましたが、現在でも檀家制度という形で、
さまざまな地方で多く残っています。

現在あるお寺の多くも、檀那寺で檀家さんのお布施などによって支えられているのです。

このため、檀那寺はお布施によって成り立っているお寺であるという点が、
菩提寺とは大きく違ってくるポイント
になります。

 

先祖代々のお墓のあるお寺がいわゆる檀那寺である場合でも、
「菩提寺」という方もいますが、厳密にいうとこのような違いがあるのです。

今回の記事では、「菩提寺=自身の家系のお墓を管理してもらっているお寺
という意味合いで話を進めています。

混乱してしまいそうですが、この点は混同せずに読んでいただけると
理解しやすいかと思います。

 

さて、最近は菩提寺のある地元を離れて生活する人や、度重なる引越しなどにより、
先祖代々利用している、菩提寺が遠い地域にあるという場合があります。

そのため、どうしても菩提寺へ足が向かなかったり、
疎遠になっているという人も少なくありません。

これにより、菩提寺への納骨時にトラブルもあるようです。

一体、どのようなものがあるのでしょうか?

 

菩提寺への納骨時によくあるトラブルとは?

Original update by : 写真AC

 

菩提寺が遠くにあることが原因で起こりがちな、納骨時のトラブルとは
一体どのようなものなのでしょうか?

実は菩提寺には、本来菩提寺と同じ宗教宗派で法要をしないと納骨できない
というルールがあります。

檀家としても、事前に法要や戒名など様々な事を含めてお願いした上で、
納骨を行うことが礼儀です。

菩提寺との関係が深ければ知っていて当たり前のことですが、最近は都市部に住んで地元を離れる人も多く、自分の家の菩提寺に宗教宗派がわからず、そのようなルール自体、あることを知らない人も増えているようです。

そのため、別の土地で葬儀を行い、葬儀を行った寺に戒名をつけてもらった後に、
いざ納骨だけお願いしようと思っても、そう簡単にはいかないという事になります。

戒名を付けたお寺が菩提寺と全く違う宗教だったり、同じ宗教であっても宗派が違っていたりすれば、菩提寺から法要のやり直しや戒名の付け直しが必要だと説明されます。

 

結果、新たに戒名を付け直すことになるのですが、
これにより二重の出費がかかってきます。

このようなトラブルにならないためにも、あらかじめお家の菩提寺は
どこになるのかを知っておくことが大切です。

そして、もしも家族が亡くなったときは、葬儀を執り行う前に、
必ず菩提寺に連絡をして葬儀先など相談することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?菩提寺がどういうものかわかっていただけましたか?

菩提寺は、先祖代々のお墓を管理してもらい供養していただくお寺なので故人が亡くなった後、いずれ菩提寺の墓に納骨したい場合は、故人が亡くなったときに、まず、菩提寺に連絡しておく方が良いですね。

故人の遺志もあると思いますが、今後の供養の事を考えると、菩提寺を通して、
お寺の顔を立てておくとトラブルも少なくてすみそうです。

参考にしてみてください。

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑