ふくしまの会津にはそば祭りがいっぱい!?特に有名なのは?



会津のそばって、高冷地で採れるから味も香りもいいんだってo(^o^)o

福島県のあちこちでそば祭りをするみたいだけど、
会津で有名なそば祭りって、どこでやってるのかな??

 

SPONSORED LINK

 

全国でも有数のそば処である福島県。

毎年そばのシーズンに、ふくしまのそば祭りが行われます。

 

中でも会津は古くからそばの栽培がさかんです。

福島県のそば栽培面積の約4分の3が会津というだけでなく、そばを使った郷土料理もたくさんあります。

 

取れたての新そばが味わえる、ふくしまのそば祭り。

でもたくさんありすぎて、どこのそば祭りに行けばいいのか悩みますよね。

そんなときにぜひチェックしておきたい、おすすめのそば祭りの情報をまとめました。

ぜひ参考にして、美味しい新そばを味わいにお出掛けくださいね。

 

会津そばってどんなそば?

Original update by : 写真AC

 

会津のそばは全国的にも有名ですが、どんなそばなのでしょうか?

 

会津のそばは、昔から米の代用食ではなくごちそうとして食べられてきた歴史があります。

また新品種の「会津のかおり」の開発など、伝統に囚われない、さまざまな工夫がこらされたそばが会津では作られています。

 

昼夜の温度差が大きく、空気の澄んだ山間部ではよいそばが育つといわれています。

その条件にぴったりの福島県のなかでも周囲を山に囲まれた会津は、ふくしまのそばとして有名なそば処です。

味、香りとも最高級のそばを、化学調味料をいっさい使わず練り上げ、しっかりしたコシと天然の味が楽しめるのも、会津のそばならでは。

 

そばを楽しむなら新そばは外せない、というこだわりを持つそば好きの人も多くいます。

新そばとは秋まきのそばで、9月から11月に採れたものを指します。

夏にも新そばは収穫されますが、秋の新そばのほうが味や香りがよく、昔からもてはやされてきました。

 

その秋の新そばの時期に、ふくしまでそば祭りが開催されます。

では会津のそば祭りについて、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ふくしまの会津にはそば祭りがいっぱい!

ふくしまの会津では、そば祭りが多く開催されるそうですが、どのようなお祭りなのでしょうか?

 

そば好きなら絶対に食べたい新そば。

その新そばの収穫に合わせたそば祭りが、福島県を代表するそば処、会津で数多く開催されます。

 

そばの美味しい地域は日本全国にありますが、かつてそばは冷害などが起こったときや、米が不作になったときに食べるものでした。

そのため地方では、そばに対して貧しいというイメージがありました。

 

ですが江戸ではそばは庶民の間で大流行、粋な食べ物として人気がありました。

穀倉地帯で豊かな米が取れた会津では、そばは江戸と同じようにご馳走としてとらえられ、さらに美味しく食べる工夫が凝らされるようになったのです。

そばでお客をもてなし、もてなす側の人が唄う「蕎麦口上」では、会津でのそばの楽しみ方のバリエーションが紹介され、今に引き継がれています。

 

そばを味わうだけでなく、そばを楽しむ伝統が残る会津。

そのさまざまな楽しみ方を披露するお祭りが、会津のそば祭りなのです。

 

一年で一番美味しいそばの時期である秋に収穫されたそばを使い、手打ちされたそばを楽しむそば祭り。

 

そのそば祭りのなかでも、特に有名なそば祭りについて、ご紹介しましょう。

 

特に有名な会津のそば祭りといえば?

Original update by : 写真AC

 

ふくしまの会津のそば祭りのなかでも、特に有名なそば祭りはどこのお祭りでしょうか?

喜多方市で行われる山都新そばまつり、強清水地そばまつり、猪苗代新そばまつりが有名です。

 

山都新そばまつり

さまざまなお店のそばを食べることが出来るイベント。

山都町商工会が開発した山都そばの他、町内の高校生や団体の手作りの物産品が並ぶ屋台市も合わせて開催されます。

開催場所は山都町みちくさ通りで、例年10月の後半あたりで行われます。(2016年度は開催期間未定)

 

強清水そばまつり

地元で栽培された新しいそば粉、「会津のかおり」をつかったそばを楽しめるイベントです。

そば打ち名人が打つ本格手打ちそばのほか、芋汁や天ぷらなども味わえます。

冷涼な気候を利用して栽培されたそばによる、地そばはおすすめです。

開催場所は強清水加工処理施設、春は5月(2016年度は5月3日と5月4日でした)、秋は11月で2016年は11月5日(土)と11月6日(日)10:00~15:00開催予定です。

 

猪苗代新そばまつり

福島県一のそばの収穫量を誇る猪苗代町で行われる新そばのイベント。

そば名人の手打ち実演や特産品市も同時に開催され、毎年長蛇の列が出来るほど人気のそば祭りです。

開催場所は猪苗代町総合体育館・カメリーナ。

開催日時は2016年はまだ決定していませんが、例年10月下旬から11月上旬にかけて開催されます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

おもてなしの料理として、会津で長く愛されてきたそば。

その新そばが味わえるそば祭りは、毎年地元で工夫を凝らしたそば粉の挽きたて、打ちたて、ゆでたてが味わえる贅沢なイベント。

限られた期間でしか味わえない新そばを、ぜひそば処会津で堪能してみてはいかがでしょうか(o^∇^o)ノ

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑