すずなの花言葉って何?いったいどんな植物なの?



すずなって春の七草なのは知ってるけど、

たまにすずしろと混乱しちゃうなあ(・_・?)

どんな花を咲かせる植物なんだろう??

 

SPONSORED LINK

 

お正月が過ぎたころ、店頭に並ぶ春の七草で、

すずなはおなじみですが、実際に生えているすずなを見かけることは

少なくなりました。

 

春の七草は新春のお腹を労る食事です。

そのなかに入れる七種類の菜のひとつがすずなです。

 

すずなとは昔の呼び名であるため、似たようなすずしろと

間違えたりしがちです。

 

すずなとは一体どんな植物なのか、なぜすずなと呼ばれるようになったのか、

詳しい情報をまとめました。

 

すずなってどんな植物なの?

Original update by : 写真AC

すずなとはどのような植物なのでしょうか?

 

すずなはカブのことをいいます。

 

古来カブはすずなと呼ばれていました。

カブはその実だけでなく、葉や茎も重用されていて、中国では一年を通して

食べる野菜として広く栽培されていました。

 

日本ではカブが鈴に形が似ていることから、その葉をすずなと呼び、

野菜が少ない冬の間に食べる貴重な植物とされていたのです。

なお、すずなとは「鈴菜」と書き、この鈴は神を呼ぶための鈴のことをいいます。

 

すずなは春、3月から4月頃に黄色い小さな花をたくさん咲かせます。

菜の花の仲間なので、その花をイメージしてもらえば分かりやすいかもしれません。

 

また菜の花とよく似ているため、実際に菜の花とカブを区別するには、

その根の部分を確認する必要があります。

 

ただし収穫は花が咲く前となります。

そのため、実際に咲いている様子はなかなか見る機会がありません。

 

ではすずなの旬の時期について、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

すずな(カブ)が旬の時期っていつ頃?(春の七草であることも説明)

すずな(カブ)の旬の時期はいつ頃なのでしょうか?

 

かぶは冬の寒さが厳しい頃が一番美味しいとされ、旬は11月から1月頃となります。

 

かぶは根の部分が食用とされていますが、その葉や茎も美味しく、品種によっては

葉や茎を主に食べ、根の部分が小さいものもあります。

 

根の部分は淡色野菜、葉や茎の部分は緑黄色野菜で、ひとつの野菜で

様々な栄養を含んでいるカブは貴重な野菜です。

 

また、カブは1月7日の人日の節句の行事に食べる七草がゆに使われています。

この日に七草を食べることで、邪気を祓い、万病を除くことが出来ると

昔は考えられていたのです。

 

なお、七草はせり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

のことをいいます。

 

無病息災や長寿健康を祈り、食べる七草ですが、この時期不足しがちな

青菜を摂るのが目的でもあります。

 

現代ではお正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわるために、七草がゆを食べる習慣

定着しています。

 

ただしこの風習は旧暦のため、実際には2月の行事です。

そのためこの時期に外に生えている七草を集めるのは難しく

スーパーなどでセットになったものを購入する人が多くなっています。

 

カブにも大きな実のものから細身の実のものなど、様々な種類があります。

最近では葉付きのものが少なくなっていますが、

栄養は実の部分より葉の部分に多く含まれるため、葉付きのものを購入する七草では、

ぜひ葉も含めて食べるようにしたいものです。

 

ではすずなの花言葉とは、どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

すずなの花言葉って何?

Original update by : 写真AC

すずなの花言葉とは、どのようなものでしょうか?

 

すずなの花言葉は「慈愛」「晴れ晴れと」です。

 

万葉集ではカブはアオナとされています。スズは古語では涼、または青の意味があります。

そこからすずなと呼ばれるようになり、現代ではカブで定着しています。

 

またすずなは冬の季語で、その白さを雪にたとえられ詠まれることの多い植物です。

さらに同じ七草に使われるすずしろ=大根とほぼ同じ栄養を含んでいます。

 

消化を促進するジアスターゼという成分を含んでいて、胃腸に優しいことから

このような花言葉がつけられるようになったのかもしれませんね。

 

なお、すずしろは辛味が強く、すずなは甘味が強いといった違いがあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

春の七草を、子供の頃五七調で覚えた人も多いかと思いますが、現代では

呼ぶことのない名前のため、どんなものなのか詳しくは知らないという人も

増えています。

 

古くは年中行事として、江戸時代に入ってから庶民にも広く知られるようになった

七草の風習ですが、それぞれの名前の意味や由来を考えながら、ぜひしっかり

味わってみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑