紅茶の効果・効能はコレ!種類別に紹介します!



寒い時期には温かい飲み物が欲しくなりますよね。
そんな時にぴったりなのは”紅茶”。

温かい時期にはアイスティー
寒い時期にはホットの紅茶

紅茶は色んな効能があるのを知っていますか??
でも紅茶と一口に言っても種類が多すぎてわからない。
だからなんとなくスーパーに売っているティーパックの紅茶を買ってしまう。
それも手軽でいい方法ですが…

紅茶は1つ1つ風味も味も違うもの。
実は奥が深いんです。

自分にぴったりの紅茶探してみませんか?
また注目されている
生姜紅茶についてもお伝えしたいと思います。

紅茶の効果・効能は!?

SPONSORED LINK

紅茶には色んな効果・効能がありました!
まずは”カフェイン”が入っていることから
集中力を上げたり、眠気を覚ましたりは想像つきますよね。

ポリフェノール”が入っていることから抗酸化作用によって老化を防止します。

また紅茶には”フッ素”が入っていることから虫歯予防

脂肪吸収性作用”があるのでコレステロールの上昇を抑制
ダイエット効果も期待できます。

香りが良いことから
ストレス解消疲労回復などアロマテラピーと同じ効果で
リラックスすることもできます。

①
さらに、最近の研究では
血圧の上昇を抑える”
ガンを抑制する”
動脈硬化の進行を抑える

そんな効果があるということがわかってきています。

おいしいだけでなく
嬉しい効果・効能がたくさんある
素晴らしい飲み物ですね!!

紅茶ってどんな種類があるの?

紅茶にはたくさんの種類があります。
フレーバーティーやブレンドなど…
数えきれないほど。
そんな紅茶も大きく分けると、アッサム種中国種に大別が出来るんです。
今回はその中でも、”世界三大銘茶”を中心にお伝えします。
1つ目は『ダージリン』

1839年にイギリスが中国種の茶樹をインドで育てようと考えましたが
どれも上手くいきません。

そんな中唯一育ったのが標高2000メートルの
ダージリンという地方に植えられた茶樹だけ。
ダージリンティーが栽培できたのはまさに奇跡なんですね。

今でも世界で愛されている紅茶です。

2つ目は『ウバ』
主にスリランカで育てられてます。

もともとは”トーマス・リプトン”が紅茶販売を拡大するために未開拓地だった
セイロン島のウバの土地買い、新鮮な茶葉を低価格で販売することに成功しました。
”リプトン”とは日本でもすごい有名な紅茶のメーカーですよね。

日本に最初に紅茶を輸入したのもリプトンなんです。

3つ目は『キーマン』
中国種のもので…

イギリスの水に合っているということからイギリスで大流行。
昔は大統領の贈り物に使うほど。

今でもエリザベス女王の誕生日のお茶会に使われている
イギリスで人気な紅茶です。

3大銘茶以外にも
アッサムディンブラニルギリヌワラエリアなどもあります。
ちなみに有名な”アールグレイ”はベルガモットで香り付けしたものです。

小雪が勧めていた生姜紅茶とは?

テレビでもネットでも注目されている”生姜紅茶”。

最後にこの紅茶を紹介したいと思います。

それではいきますよ〜!
③
生姜には新陳代謝を上げ血行を良くし風邪予防のどの痛み便秘などにも
効果があります。

その生姜を良い効能がたくさんある紅茶に入れる。
良いことだらけですよね。

紅茶は特に体を温める効果もあり、
2つが合わさることで2つの良いところを一気に摂れるんです。
作り方は、紅茶にすりおろした生姜を入れたり、
生姜のしぼり汁を入れるだけ。

すごく簡単ですよね。

他にもスライスした生姜を煮込んだお湯で紅茶を作るものもあります。

ちなみに生姜は皮のすぐ内側に栄養がたくさんあるので
皮は包丁で剥くより、スプーンで剥いたり、アルミホイルで剥いたりする方が
簡単で栄養も損ないません。
小さな違いで味も変わるので
生姜の量や作り方も自分で調節するのが良いですね。

また家で作るのが面倒だという人は
生姜紅茶”というティーパックに入っているもの
顆粒になっているものが売っているので
お湯を入れるだけで簡単に作れます。

自分に合った紅茶を見つけるのを趣味にするのも
楽しそうですね。
不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑