コンビニATMの手数料を銀行やゆうちょでも無料にする方法はコレ!



仕事帰りの遅い時間帯でも、気軽に利用できるコンビニATM
ですが、利用条件は果たして、銀行にあるATMと一緒なのでしょうか?
土日に銀行ATMを利用すると、手数料が発生します。

もちろん、深夜や早朝、銀行は閉まっているし、
その時間に利用できるということは、手数料も割増で取られたりするのかも?

⑪
出来ることならコンビニATMでも、手数料を掛けずに無料で利用したいものですよね。
今回は、コンビニATM手数料と、
時間を気にせずに無料利用できる方法について、調べてみました。

ATMに関連する記事はコチラ!
↓ ↓ ↓
コンビニATMの時間は?銀行、ゆうちょや提携行によってちがうの?

一般的なコンビニATMの手数料はコレ!

SPONSORED LINK

まず手数料についてですが、コンビニATMを利用する時には、
銀行と提携している為、必ず掛かるシステムになっています。

その金額は、下記の2通りとされています。

1.時間内営業時間:108円
2.土日含む、時間外営業時間:216円
この手数料は、主要コンビニATM(セブン銀行、イーネット、ローソン)各社共通です。
それでは、手数料の該当する営業時間帯を、主要4社の銀行毎に見ていきましょう。

コンビニATMの三井住友銀行

108円 216円
8:45~18:00 7:00~8:45、18:00~24:00
火〜金 8:45~18:00 0:00~8:45、18:00~24:00
0:00~24:00
0:00~21:00

コンビニATMのみずほ銀行

108円 216円
平日 8:45~18:00 0:00~8:45、18:00~24:00
土日祝 0:00~24:00

コンビニATMの三菱UFJ銀行

108円 216円
平日 8:45~18:00 0:00~8:45、18:00~24:00
土日祝 0:00~24:00

コンビニATMのりそな銀行

108円 216円
8:45~18:00 7:00~8:45、18:00~24:00
火〜金 8:45~18:00 0:00~8:45、18:00~24:00
0:00~21:00
8:00~23:00

コンビニATMのゆうちょ銀行

108円 216円
8:45~18:00 6:30~8:45、18:00~23:55
火〜金 8:45~18:00 0:05~8:45、18:00~23:55
9:00~14:00 0:05~9:00、14:00~23:55
0:05~20:10
このように、手数料は時間帯で、2通りに区切られています。
早朝だったり深夜だったとしても、特別高い手数料が掛かる事はないようです。

銀行毎にコンビニ手数料を無料にする方法はコレ!

コンビニATMを利用する時には、
必ず手数料が掛かるシステムである事をお話しました。
では、コンビニATMを無料利用する方法は、ないのでしょうか?
実は、コンビニATMの手数料無料は、サービスの一環として実施されています。

つまり、銀行毎にあるサービスに申し込み、指定された条件満たしていれば
手数料無料でコンビニATMを利用出来るのです!

それでは、そのサービス内容について、銀行毎に分けて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

三井住友銀行

まず、SMBCポイントパックに申し込む手続きがあります。

申し込むには、口座の開設と、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)の
両方を契約する事が必要です。

申し込み方法は①インターネット②郵送がありますが、
郵送ですと3~4週間掛かってしまいます。
時間短縮したいのであれば、半分の期間で済むインターネットで申し込むのが良いでしょう。

また、

①通帳の残高が30万円以上
②給与受取があること。

など、定められた条件のうち、いずれか1つ満たしていれば、OKです。

条件詳細:http://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/plus/terms_pop.html

対応するコンビニATMはセブン銀行、イーネットATM、ローソンATMがあり、
月4回までが手数料無料になります。

みずほ銀行

みずほマイレージクラブに入会が必要です。

入会には、口座の開設みずほダイレクトにも合わせて申し込みをします。
みずほでも、インターネットや郵送での申し込みが可能です。
年会費は一切掛かりません。

契約すると、キャッシュ並びにクレジットとしても使用出来るカードが届きます。

また、条件としては、

①通帳の残高が10万円以上
②住宅ローンを使用している。

など、いくつかある条件のうち、いずれか1つ満たしていればOKになります。

条件詳細:http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/tokuten/jyouken.html

対応するコンビニATMはセブン銀行、イーネットATM、ローソンATMがあり、
月4回まで手数料無料で使用できます。
クレジットカードの引き落としにも対応しています。

三菱東京UFJ銀行

手続きはメインバンクプラスと合わせて、三菱東京UFJダイレクトの契約が必要になります。

手続き方法は、

①インターネット(インターネットバンキング登録を兼ねる)
②テレビ窓口(キャッシュカードが必要)
③店頭窓口(収入印紙代200円が掛かる)
④郵送専用申込書(来店不要で出来るが期間が掛かる)

など多岐に渡ります。

手軽さや速さを求めるなら、
①インターネットバンキングに登録するのが良いと思います。
年会費は掛かりませんし、たったの3分で登録出来てしまいます。

契約した上で、通帳残高30万円以上など、シルバーステージ以上
必要条件をいずれか1つ満たしていれば手数料が無料になります。

条件詳細:http://www.bk.mufg.jp/info/atm/mb.html

対応するコンビニATMはセブン銀行、イーネットATM、ローソンATMがあり、
月3回まで可能です。

りそな銀行

サービスへの入会や申し込み不要です。
ただし、提携しているコンビニATMを限定しています。

手数料無料が無料になるのは、
Bank Timeと表記のあるATM(サークルKサンクス)のみになります。
回数制限は設けられていないようです。

ゆうちょ銀行

サービスへの入会や申し込み不要です。
ローソンやデイリーヤマザキなどのコンビニATMに、ゆうちょ専用ATMが併設されています。

こちらのゆうちょ専用ATMであれば手数料無料で利用が出来ます。
回数制限は設けられていません

条件がないのは嬉しい事ですが、ゆうちょ専用ATMを導入しているコンビニは、
まだまだ少ないようです。それが残念ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は主要銀行が実施している手数料無料サービスについてお話ししました。
銀行毎にあるサービスを上手に利用する事で、早朝や深夜でも、
手数料無料でコンビニATMを利用できるんですね。

また、地方銀行でも、ポイントパックに似た制度を用いたサービスを、
提供している銀行もあるようです。

是非、自分が普段利用している銀行を調べてみて、活用してみましょう。
不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑