織田信長の性格と血液型は?残忍ではない?



 

織田信長」と聞いて思い出すのが
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」の歌に代表されるように、
「短気」「残忍」というイメージがあります。

 

しかし一方で、信長に忠誠を誓った部下も多くおり
現代人の私たちには信長の実情をうかがい知ることはできません。

ん・・・気になる!
という方の為に、

質問者の写真
調べて来ました♪

実際、信長はどういう性格だったのか、紹介したいと思います!

 

織田信長の性格と血液型_1

 

信長の血液型占い

 

SPONSORED LINK

 

血液型と性格は一致する――現代には「血液型占い」というのがあります。

では、信長は何型だったのかを調べてみましょう。

 

信長の血痕、遺髪などから判別するに「A型」ということが
調査の結果、分かっているそうです。

 

ちなみに、「A型」の性格判断は、一般的には「几帳面」というのがありますが、

「リーダー肌」
「見えない優しさ」
「独特の価値観」
「自分にも厳しく他人にも厳しい」
「神経質」
「プライドが高い」

 

とされているようです。

 

では、歴史を振り返り、
信長の性格はどうだったかを振り返ってみたいと思います。

 

 

信長が愛された理由とは?

 

A型の長所とも言えるのが「リーダー肌」。

まさに信長にはうってつけの性格でしょう。

 

 

そして、「他人に厳し」くもありながら
見えない優しさ」を感じて信長についてきた家臣も多く
豊臣秀吉や明智光秀、前田利家、柴田勝家などが信長に忠誠を誓ってきました。

 

 

独自の価値観」という意味では、信長はこれまでの価値観を打ち破り、
新たな文化を取り入れたことでも知られています。

 

例えば、先ほどの家臣の例。普通、家臣は武士の家の出の者を使うのですが、
豊臣秀吉は農民の出と言われていますし、明智光秀は浪人という身分でしたが、
能力がある人間を使いこなしました。

 

また、南蛮文化といわれるポルトガル伝来の文化もいち早く取り入れ、
鉄砲を戦の際に使用しています。

 

 

現存はしていませんが、豪華絢爛な安土城
これまでの「城郭建築」の常識を打ち破る天守(信長は「天主」と言った)閣
だったそうです。

 

 

自らが良いと判断した価値観を元に行動した信長は
「大うつけ」(=馬鹿者)と呼ばれていましたが、
信長の性格はもしかすると血液型からくるものだったのかもしれません

スポンサードリンク

光秀に謀反を起こされたのには信長の性格にあった?

 

では、反対に短所と言えるのが、
他人に厳し」く当たり、「見えない優しさ」が本当に見えない時です。

 

厳しさばかりが目立ってしまい、優しさが見えない……
信長が一種「残忍」「冷徹」に見えてしまうのはこの時なのでしょう。

 

 

それが最も表れたのが、『本能寺の変』。
信長に仕えていた明智光秀が叛旗を翻したというクーデターです。

 

『本能寺の変』の背景はこれまで信長が光秀に対して、
非常に厳しく接してきたがゆえの「怨念」が
溜まりに溜まってきたために起こしたものだというのが一般的な解釈です。

 

織田信長の性格と血液型_2

 

 

歴史から見る信長の性格

 

「リーダー肌」
「見えない優しさ」
「独特の価値観」
「自分にも厳しく他人にも厳しい」
「神経質」
「プライドが高い」

 

という性格を象徴している出来事を紹介しましょう。

 

まず、信長は自身に反対する勢力をことごとく排除していきます。

 

比叡山焼き討ち」「長島一向一揆の制圧」「高野山攻め」など、
旧来の武将では手が出せなかった宗教勢力への徹底的な弾圧を行います。

 

経済政策においては「楽市楽座」の開設が挙げられます。
既存の特権を廃し、自由取引市場を認めさせて、経済の活性化を図りました。

 

これらの出来事は旧態依然とした固定概念を受け付けず、
独自の価値観を持った信長だったからこそできた行動だったかもしれません。

 

 

もし、A型でなかったら……

 

冒頭に「血痕、遺髪から判別した」と書きましたが、
『本能寺の変』では信長の遺骸というものは見つかっておらず

血痕も遺髪も「信長のものとされるもの」という
どこかあやふやな物の言い方になっています。

 

もしかすると、調査した血痕や遺髪は信長のものではなく、
別の人のものだとしたら……

そうなれば、歴史的なミステリーになりえるかもしれませんね。

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑