五月人形は誰が買う?関東では?



「五月人形ってどう扱ったらいいんだろう?」

そうお悩みの家庭も、昨今では多いのではないでしょうか。

image1[1]
http://www.photo-ac.com/

 

そもそも、「五月人形は何のために飾られるの?」
「飾るのにルールはあるの?」
などなど、疑問も尽きませんよね。

 

今回はそんな五月人形について説明していきます!

 

五月人形を飾る意味とは?

 

SPONSORED LINK

 

まず、五月人形の意味から説明していきます。

 

そもそも、子供の日は「端午の節句」です。
端午の節句とは、奈良時代から厄除けの行事の季節でした。

 

その頃は「菖蒲の節句」とも呼ばれ、薬玉を送りあったり、
菖蒲を飾って厄払いをしたりする行事があったといわれています。

節句に関する記事はコチラにもあります。
↓ ↓ ↓
七草粥の由来とは?覚え方の歌まであった!
節分豆まきの由来と起源はコレ!作法ってあるの?
ひな祭りの由来を子供に教えるには? 簡単な説明はコレ!

しかし、武士の時代になってからそれは変わりました。

 

菖蒲の読みが、武勇を重んじるという意味の「尚武」と同じことから、
武家に生まれた子供が健やかに育つように願う行事に変わったのです。

 

この時、身の安全を願って兜や鎧を神社に奉納する風習があったのです。
そこから飾られるようになりました。

 

兜や鎧は、身を守るものでもありましたから、今でもその意味合いを込めて、
子供の無事を願って飾られるのです。

 

ここまで五月人形に歴史があったのはびっくりですね!

 

スポンサードリンク

 

五月人形は誰が買う?

さて、五月人形にもルールがあります。
ここではまず、「誰が買うか?」について説明していきますね!

 

さて、特に初節句には昔からの風習で五月人形は
奥さん側の実家から贈るものとされます。

 

しかしこれは、関西の方の風習の様で、
関東の方だと逆に、旦那さんの実家から
贈るものに変わります。

 

なので、奥さん、旦那さんの実家が違う場合は
要相談、ということになるんですね。

 

五月人形の使いまわしは大丈夫なの?

image2[1]
http://www.photo-ac.com/

 

さて、五月人形にはもう一つ重要なルールがあります。
それは、「使いまわしについて」

 

人形というのは厄除けの意味合いを持っています。
ですので、基本的に子から孫への使いまわしは忌まれています。

 

「息子さんの分の厄を背負った人形を、孫に贈るのはちょっと……」
ということなんですね。

 

でも、昨今では経済的事情や置き場所を考慮して、
孫には一回り小さい人形を買うなどの処置がされています。

 

いくら事情があっても、やはり何もないのは寂しいものですからね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
参考になれば幸いです。

 

形は変わっても、厄除けとしての意味合いは受け継がれている五月人形。
昔から受け継がれてきた、子供の成長を願う大切な風習なんですね。

合わせて読みたい、こどもの日に関連する記事はコチラ!
↓ ↓ ↓
こいのぼりの意味と由来は?色にも意味が!?
こいのぼりの時期はいつからいつまで?洗濯は要注意!
こどもの日になぜ柏餅を食べるの?菖蒲湯に入る理由は?

 

満足のいくよう実家の人と相談して、気持ちよく子供の成長を願いたいものですね!

 

ぜひこの記事を参考にして、良い端午の節句をお子さんと迎えてあげてくださいね!

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑