人間失格のあらすじはコレ!感想文に最適?



太宰治の代表作で有名な「人間失格」は、
重い内容ながらも読書感想文やコンクールなどで、
中高生からたびたび選ばれている作品です。

なんだか暗い内容の本でつまらなさそうだし

あんまり興味ないなあと思う方も多いかもしれませんが、
そんなことはありません!

確かに内容は暗く重い印象ですが、
じっくり読んでみるととてもいいお話なんです!

ningen03
写真素材:足成

 

今回は太宰治が書いた「人間失格」の魅力をお伝えします(´∀`)

 

人間失格あらすじは?

 

SPONSORED LINK

 

主人公、大庭葉蔵は、
幼い頃から自分を道化にして、
自らの気持ちとは裏腹に周囲を欺きながら生きてきました。
しかし、ある日クラスメイトの竹一に道化であることを見破られ
女にモテることや、画家になる事などを予言されます。

 

その後東京に上京した葉蔵は、
学業そっちのけでタバコと酒に溺れ、
やがて竹一の予言通り女を糧にして生きていくことになり、
徐々に転落の道へと向かっていくのです。
自殺未遂や心中を図りながらも死にきれなかった葉蔵
モルヒネ中毒に陥り、
最終的には脳病院を経て実家へ引き取られます。

 

故郷へ戻った葉蔵は廃人同然になり、
不幸も幸福もないと悟りながら小説は終わります。
「人間失格」というタイトルは、
主人公が脳病院で世間から狂人とレッテルを貼られた時に、
自分は人間を失格したのだ
という心象からつけられたものだと言えます。
ningen01
写真素材:足成

人間失格のみどころはココ!

 

スポンサードリンク

 

この物語は自意識過剰で純粋すぎる主人公が
自分の人生から逃げ、どんどん追い詰められて疲弊し、
最終的には廃人になってしまうというなんとも欝な小説ですが、
読み進めてるうちに、

「じぶんの主人公に似た部分があるな」

と感じてくるはずです。

 

とくに他人の顔色をうかがい、
自分の意見を言えずにストレスが溜まり自暴自棄になるあたりは
主人公に自己投影してしまいかねないシチュエーションです。

 

この作品のみどころはズバリ、

「葉蔵の人生が崩壊に向かっていく過程」

だと言えるでしょう。

 

とくに、
クラスメイトに自分が道化であることを見破られたシーン
何度読んでも胸が痛くなります。

 

誰しもが葉蔵のように弱い部分があるはずです。
その部分とどう向き合っていくかを
この作品は問いかけているのではないのでしょうか。

 

人間として失格しているのか否かについては、
あくまでも葉蔵による主観です。
共感する自分自身がどう感じるか、
葉蔵の生き方や読み手の人生について
深く考えさせられる作品なのです。
ningen02
写真素材:足成

人間失格を読んでの感想

人間失格」は
太宰治が自分自身をモデルにして書いた小説といわれています。

たしかに何度も自殺を繰り返したり、
心中相手ばかりが死んでしまうところは
現実の太宰治にも実際にあったことでした。

 

また、この小説は
太宰が自分自身のために書いたというだけあって、
この小説を執筆した同年自ら命を絶っています。

 

以上のことを踏まえながら読んでみると、
太宰治がどんな思いで生きてきたか、
人生の凄まじさを感じました。
魂を振り絞り、自分の命を削りながら書いたのかと思うと、
ますますこの小説の鬱度が上がったようにさえ思えます。
読了後は名作と言われるものを作る人は、
やはり普通の人格や精神状態ではないのだろうな
とも感じました(´・ω・`)

 

正直、めちゃくちゃ気分が滅入るので、
多少は覚悟して読んだほうがいいかもしれません。

 

太宰治のほかの作品紹介

「津軽」

太宰文学のうちには、
旧家に生れた者の暗い宿命がある。

古沼のような“家”からどうして脱出するか。
さらに自分自身からいかにして逃亡するか。

しかしこうした運命を凝視し
懐かしく回想するような刹那が、一度彼に訪れた。

それは昭和19年、
津軽風土記の執筆を依頼され
3週間にわたって津軽を旅行したときで、
こうして生れた本書は、
全作品のなかで特異な位置を占める佳品となった

本作は太宰治の故郷、青森県を舞台にした小説です。
「人間失格」とは違い、感動あり、笑いありと
とても読みやすい本です。
「人間失格」を読まれる前にこちらを読むと、
太宰治のイメージががらっと変わること間違いなしです(´∀`)

 

ちなみに、わたしが一番好きな太宰治の本でもあります。

まとめ

いかがでしたか?

太宰治の小説の中で
ひときわ暗くて味わい深い一冊である「人間失格」。

なかなか手を伸ばしにくい本ですが、
生きるためのヒントや、教訓がぎっしりつまった本です。

 

この記事をきっかけに「人間失格」を手にとってもらえれば
とてもうれしく思います。

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑