集中豪雨の原因と対策は?



集中豪雨って

最近よく耳にするようになったけれど、

いったい何?

どういう状況や天候の事を言うの?

gouu01
http://www.photo-ac.com/

 

最近は、雨が降ることが多くて、
なんだか嫌になってしまいますね。

お天気が悪いとなんだかジメジメしていて、
気分が落ち込みそうになります(><)

季節によっては、
外出できないほどの大雨に見舞われることもあって、
正直身の危険すら感じるときもありますよね?

テレビでも、雨などによる土砂災害などが報道されると、
決まって集中豪雨という言葉を利用するようにも
なってきたように感じます。

 

でも、その集中豪雨とはそもそも何なのでしょうか。

なぜ起きるのか?
また、対策はどうすればいいのかなど、
気になる事はたくさんあります。

今回は、そんな集中豪雨について
詳しく見ていくことにしましょう!

 

集中豪雨の原因は?

 

SPONSORED LINK

 

そもそも、集中豪雨とはどのようなものなのでしょうか?
まずそれを見ていきましょう。
集中豪雨とは、
一部の広くはない地域に集中して
短い時間で大量に降る雨の事をさします。
にわか雨のような
短時間にざ~っと降るような雨とは違い、
数時間降り続く雨で、
梅雨の時期や秋の雨の時期によく見られます。

梅雨については、こちらの記事で詳しく紹介しています。ご覧ください。
↓ ↓ ↓
梅雨の名前の由来は?なぜ梅なの?

近年では、「ゲリラ豪雨」という名称が浸透していますね。
集中豪雨というよりも、
ゲリラ豪雨の方がイメージしやすいという方も
いらっしゃるかもしれません。
では、どのような原因によって
この集中豪雨が引き起こるのでしょうか?
地上が温かく、上空が冷えていると
大気の状態が不安定になって
同じ場所で積乱雲が発生しやすくなります。
特に、夏場などの地上が熱くなりやすい時期は
上空との温度差が激しいため
集中豪雨の原因となる積乱雲が発生しやすいのです。
これが、集中豪雨のメカニズムです。
ですが、メカニズムがわかっても
さすがに天気は人間の力で動かしようがありませんよね(笑)
それでも、集中豪雨に備えて対策を練ることはできます。
次の項目では、
そんな災害に対する対策や備えについてみていきましょう!

集中豪雨の対策は?

スポンサードリンク

さて。集中豪雨の対策を見ていきましょう。
集中豪雨と言えば、真っ先に気になるのが、
浸水や洪水による水の被害ですよね。
大雨によって下水からあふれた水が、
町いっぱいにあふれてしまう「床上浸水」などは、
コンクリートの少ない地域の土砂災害と同じくらい、
都市部で起きる浸水も深刻な災害です。
都市部は排水案が設置されている建物や
コンクリートが非常に多いため、
雨水が地下に溜まりやすいのです。
その結果水が地上に溢れ出してしまい浸水が起こるのです。
浸水してしまうと大量の水による水圧でドアが開かなくなり、
閉じ込められるなどの事態が起きるのでとても怖いです。
浸水の恐れがある場合は、水が流れ込みやすい地下へは
できるだけ行かないようにする
ことが大切です。
また、自分の家の周りも、
道路の側溝がふさがれていないか、
途端などがめくれていないかを確認してみる
とよいでしょう。
こうした集中豪雨が発生した場合、
気象庁からの情報が提供されます。
ラジオやテレビを見るなどして
情報を集めておくのも対策の一つと言えるでしょう。
外出中なら、スマホなどからネットで
ニュースをこまめに確認してみましょう。
「警報」「注意報」になったら、
氾濫や土砂災害などが起こる可能性がありますので、
避難を考えてください。
水があふれるような状態だと、
断水の処置がとられることもあります。
万が一の時にも困ることがないよう、
普段から飲料水をためておいたり、
飲料水などを確保しておくなどの災害対策も必要です。
万が一の時に水分が補給できないのはまずいですからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
集中豪雨について参考になりましたか?
たかが雨と侮ってはいけません。
下手をすれば大災害まで引き起こしてしまう恐ろしい雨なのです。
特に夏場は発生しやすい集中豪雨。
これからくる夏に備えて対策をしてみてはいかがでしょうか?

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑