正月飾りはいつはずすのが正しい?人には聞けない正月マナー



お正月は1年で最初の行事!

 

正月飾りは、どんなものを飾るのかしら?

そもそもいつから飾りはじめたらいいの?

syogatsu-kazari01
Original update byソザイング 

 

お正月のマナーも、意外と知らない事が多いですね。

あらためて聞くのも、なんだか聞きにくいし・・・

でも、間違えると結構問題ありかな?という事もΣ(゚Д゚|||)

参考までにちょっと調べてみました。

 

まずは正月飾りを飾ろう!

 

SPONSORED LINK

 

お正月は歳神様を家にお迎えして祝う行事です。
歳神様とは、先祖の集合霊を呼んだもので、
その年の始めにやってきて
その年の家族の幸福や五穀豊穣を約束してくれる神様です。
正月飾りは、この歳神様を心から歓迎する準備の飾りです。
飾るタイミングとしては、
一般的に12月13日から12月30日の間ですが、
29日と31日はNGです。
29日は9が「苦」に通じて縁起が悪いとされています。

31日大晦日は「一夜飾り」と言われ、
新年に来ていただく歳神様に対し一夜だけの飾りでは、
礼に欠けるという事だそうです。
飾るのに良いとされている日は・・
28日(末広がりで縁起がいい)
30日(キリがいい)

とされています。

お正月飾りの飾り方

・しめ縄飾り
玄関に傾いたりしないように飾ります。旧年中の悪や邪を清めるために飾るというほかに、

神様がしめる場所という意味もあるしめ縄は、

歳神様をお迎えする準備ができていますという目印になります。

 

・輪飾り
しめ縄飾りが簡略化したものです。門松の枝にかけたり、
台所などの室内に飾ります。

 

・門松
名前通り玄関に飾ります。しめ縄と同様、歳神様がこの門松を目印にいらっしゃいます。

 

・鏡餅
神様がいらっしゃる場所として、
家の場所で一番格が高い所に飾ります。床の間に飾るのが良いとされていますが、
床の間の無い場合は、
玄関から遠く奥まった静かな場所や居間に飾ります。

大きな鏡餅の他に、神棚や、
家族の自室にも小さな鏡餅を飾る家庭もあります。

 

この他床の間に生け花や掛け軸飾り、
神棚がある家庭では、神棚にお正月飾りをします。

スポンサードリンク

正月飾りは一般的にいつ頃はずすの?

お正月飾りは松の内を過ぎてから外す

お正月も終わり、やれやれというところですが、
正月飾りをいつまでもつけているのも良くありません。
では、正月飾りをはずすタイミングは、いつがいいのでしょうか?

 

一般的に、神様が滞在すると言われる1月7日松の内まで飾ります。

松の内とは、門松や正月飾りが飾ってある期間を意味しており、
「神様に待っていただいている期間」という由来もあります。
ですので、松の内を過ぎた日以降にはずすというのが一般的です。

はずした正月飾りはどうするのか?

一般的には、松の内が終わって外したお飾りは、
神社に持っていきどんど焼きで処分してもらいます。
どんど焼きを行っていない神社でも、
ほとんどはお清めをして、焚きあげてくれます。
神社で処理してもらえなかったり、
持っていけない場合は、一般ゴミとして出しても問題ありません。
ゴミとして出すことに抵抗がある時は、
細かくして塩で清めた後丁寧に紙で包み、
燃えるゴミとして出すといいでしょう。

※保管している間やゴミに出す場合も、粗雑に扱うのはNGです。
紙に包んだりして丁寧に扱いましょう。

 

鏡餅は1月11日の鏡開きの日にさげます。

さげた鏡餅は細かくして、お汁粉にしたりあげ餅にして食べましょう^^

地域によってはずす時期が異なる?

syogatsu-kazari02
Original update by ソザイング

お正月のお飾りをはずす時期となる、
松の内の期間は実は地域によって異なります。
関東と関西で大きく分かれる形になります。

 

主に関東地方は、1月7日まで。

7日の朝に、
七草粥を食べて門松やしめ縄をはずす家庭が多いです。

 

関西は、1月15日までを松の内とし、
その期間まで正月飾りを飾っているという地域が多いです。
もし、松の内の期間がわからない場合は
近くの神社に問い合わせてみましょう。

お正月飾りは使いまわせるの?

せっかく手作りしたお正月飾りや、高価なお正月飾り。
また、来年使っても問題ないの?
と思われる方もいらっしゃることでしょう。
お正月飾りを単なるインテリアとして扱うのであれば、
カビなどがつかないように保管しておき、
また翌年使用するのもアリです。

 

しかし、使い回しはやはり失礼なので、
歳神様をお迎えする正月飾りとして扱い、
毎年新しいもので新たな気持ちをもってお迎えするのが最適だと考えられます。
確かに費用はかさむことではありますが、
毎年新しくすると気分も一新されていいものだと思いますよ。

まとめ

参考になりましたか?
お正月飾りは、基本松の内を過ぎてから外すというのが一般的です。
その松の内は、地域によって変わるため
お住まいの地域の松の内の期間を、
年内のうちに確認しておくことがポイントになるでしょう。

 

クリスマスも終わってだんだん年の瀬が迫ってきたら、
大掃除お正月準備とせわしない日々が続くと思います。

新しい年を迎えるにあたって忙しい中、
少し手を休めて正月飾りを家族で飾って新年を迎えるのも
思い出になっていいものだと思います。
そして、この機会にいままで何気なく迎えていたお正月に
どんなマナーがあるのか知っておくのもいい事ですね。

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑