秋まき玉ねぎの種まき栽培、プランターを使った初心者でもできる育て方



①

“泣きながら切る”
誰もが一度は苦労した経験があるでしょう。

加熱すると甘みが増し、
肉や魚の臭いを消す、
様々な料理で大活躍の玉ねぎ

保存が効くのも大きな利点で、
食卓に欠かせない食材です。

今日は、
初心者にオススメ!
プランターで出来る!
ミニ玉ねぎも収穫出来る!
「秋まきタマネギ栽培方法」をお届けします。

プランターで育てる秋植え野菜、こちらもオススメです!
↓ ↓ ↓
秋まき白菜の種まき栽培、プランターを使った初心者でもできる育て方
秋まきレタスの種まき栽培!プランターを使った初心者でもできる育て方
秋植えきゃべつの栽培、プランターを使った初心者でもできる育て方

     玉ねぎの栽培スケジュール

SPONSORED LINK

種まき➡玉ねぎ苗➡(植え付け)➡ミニ玉ねぎ➡玉ねぎ(収穫)

②

玉ねぎの種まき9月中下旬
早過ぎると栄養が茎葉にとられ、
遅過ぎると凍害にあう可能性があります。

種まき後は約2ヶ月かけて玉ねぎ苗に生育させ、
お楽しみの収穫5月中旬〜6月下旬す。

    玉ねぎの育て方

■種まきのポイント(9月中旬〜下旬)
深さ20cmほどのプランターに、種をバラまきします。
種が隠れる程度に土をかぶせ、
水まきすると一週間程度で発芽します。

■発芽後の管理(発芽後〜12月中下旬)
発芽後に大切なのは、水やり追肥間引きです。

水やりは、土表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

ただし、やり過ぎには注意!
根腐れによる生育不良の
原因となります。

③

美味しい玉ねぎを育てるには定期的な追肥も必要です。
一般的な化学肥料では2週間に一回が目安です。

発芽後、
均等に種まきしたつもりでも芽が密集してしまうもの。
葉が重なり合う前に間引きしましょう。

このとき、状態の良いものを残して、
虫害を受けたもの、
成長の悪いものを間引くのもポイントです。

■玉ねぎ苗(12月中下旬)
苗丈が25cmほど、太さが鉛筆位『玉ねぎ苗』として適期です。

畑栽培の場合は、この玉ねぎ苗を畑に植え付けします。
プランターの場合は、移植せず、そのまま収穫まで生育できます。
最終的に株間約5cmになるように間引きましょう。

抜き取った苗は別のプランターに5cm間隔で移植すると、
無駄にならずたくさんの玉ねぎを収穫出来ますよ。

④

■冬期の生育(年明け〜3月)

冬の間は5度以上あれば苗は成長します。
収穫までは極端な乾燥に気を付けて下さい

3月、温かくなると成長が活発になります。
6月の収穫時期に向けて3月上旬には追肥を行いましょう。
3月下旬以降は品質低下を防ぐため、追肥しません

⑤

■ベビーオニオン(5月初旬)
5月初旬になると根元がぷっくり成長し、
ベビーオニオンとして最適な収穫時期になります。
本収穫用の玉ねぎは10cmほどに成長させるため、
一株おきに収穫
カットせずに丸ごとシチューなどに使うとオシャレですよ。

■収穫(5月中旬〜6月末)

⑥

いよいよ収穫です!
茎が倒れたら収穫適期
「収穫時期ですよー!」というサインなので
見落とさないようにしましょう。

収穫後は風通しの良い日陰に茎ごと吊るし乾燥させます。
長いもので6ヶ月くらいは保存可能です。

■さらにお手軽に…
栽培自体は容易ですが、種まきから行うと収穫まで少し時間かかりますね。
より手軽に栽培するには、
市販苗ホーム玉ねぎから始めるのがオススメです。
市販苗からなら収穫まで約6ヶ月、
ホーム玉ねぎからなら3ヶ月程度です。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

玉ねぎの栽培は
少し時間がかかりますが、

収穫する頃には、
我が子のように可愛い存在のはず。

ぜひ美味しく召し上がって下さい!

以下のような万能玉ねぎドレッシングもオススメですよ。

「手作り玉ねぎドレッシング」
http://cookpad.com/recipe/1986703

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑