定期預金と積立預金をわかりやすく比較!それぞれのメリットとは?



先の人生を見越して

今から少しずつでもお金を貯めたい(@Д@; アセアセ・・・

どうせなら効率のいい方法で預金したいんだけど。

yokin01
Original update by:すしぱく

 

若いうちから貯金への意欲を燃やすのはとても良いことです。

生きていく中で何が起こるか分からないのが人生なので
備えがあれば余裕も生まれます。

 

しかし個人的にお金を貯めようと思っても、
手元にあったり普通預金では
ピンチの時にどうしても使ってしまいますよね?

そんな時こそ利用したいのが銀行のサービスです(*`д´)b OK!

そこで良く耳にする定期預金と積立預金、
2つの違いやメリットなどを調べてみました。

 

定期預金と積立預金のそれぞれの特色を比較しよう

 

SPONSORED LINK

 

まず、定期預金と積立預金の大きな違いは
お金の預け方にあります(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

定期預金は最短で1ヶ月~最長で10年まで
預金期間をあらかじめ選択します。

そして預け金額が300万円未満の場合「スーパー定期」、
1000万円を超えると「大口定期」と呼ばれます。

 

積立預金は毎月決まった積立日に、毎月決まった積立額を、
普通預金口座から自動積立する預金商品です。

積立期間は任意で決めることができ、
毎月の積立の他にボーナスなどを上積みすることもできます。

 

次に商品の利用の方法が違います。

積立預金は毎月コツコツと無理なく貯蓄ができます(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

何年後か先に必要になるであろう金額を満了日までに貯めることができます。

また途中解約や一部積立金の引き出しも可能です。

 

定期預金はまとまった資金を預けたり、
すぐに使わないお金を預けて資産とすることができます。

原則として途中解約ができません。

やむを得ない場合は可能ですが、
当初の利率よりは下がってしまいますo(;△;)o エーン

 

スポンサードリンク

 

定期預金のメリットは何?金利はどうなの?

定期預金の大きなメリットは
普通預金に比べて金利が高いことです( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

利息は預ける金額と機関によって異なるので、
金額が大きく預ける期間が長くなるほど金利は高くなります。

 

途中解約できないのは、デメリットでもありますが
普通預金だと抑えが利かなくてどんどん使ってしまう、
という人には良いのではないでしょうか。

 

もし途中解約した場合でも
金利は下がりますが元本は保障されています。

預けていたお金は必ず戻ってくるということです。

 

万が一、預けている銀行が破綻したとしても
元本1000万円までとその利息が保護される「預金保険制度」の対象です。

家に置いておくと盗難や火事などが心配ですが、
定期預金として預けておけば利息がついて必ず戻ってきます。

リスクの少ない非常に安全な預金といえるでしょうo(*^▽^*)o~♪

積立預金のメリットは何?どういうタイプの人に向いてる?

yokin02
Original update by:いしだひでヲ

 

積立預金のメリットは
目標に向かってコツコツと貯めることができるところです。

毎月自動引き落としなので、
お給料が入る口座を設定すれば勝手に貯蓄されていきます。

 

自分で貯金がどうしても出来ない、
という人には良いと思います(▼-▼*) エヘ♪

 

満了日の指定が出来るので、
自分の都合に合わせて3年後、5年後など設定が出来ます。

 

途中解約や一部積立金を引き出すことも出来るので、
万が一の時にも便利です。

盗難や紛失の心配がありません。

 

生活するのに無理のない設定額にしておけば、
とくに負担になることなく生活できますし

その上で貯金は貯まっていくという
数年後に嬉しいサービスです。

 

どうしても無駄遣いがやめられない、
という人に向いている預金といえます(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

 

両者のメリットを理解して、自分に応じた形式を選ぼう

定期預金と積立預金を比較してみると、
どちらにも良い所・悪い所はあります。

 

定期預金に関しては
手元にまとまったお金があって、自宅で管理するのは不安、
しばらく使う予定のないお金なので、安全な場所に預けておきたい

など、金利を考えて預金をする場合に適しています(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ

定期預金したお金を途中で解約してしまうと
金利が下がりメリットがなくなってしまいます。

ある程度、貯まったお金を
定期預金として銀行に預かってもらうという意識でしょうか。

 

一方で積立預金は
毎月のお給料から天引きされていくので、

自分で貯金が出来ないけれど、
お金を貯めたいという場合に適しています。

金額設定さえ間違えなければ、私生活に影響は出にくいですし
途中で一部引き出すことも可能なので自由度が高いです。

 

特に20代で先が長い方であれば
少額でも積み立てていけば大きな資産になります。
自分の状況や今後の使い道などを考えて、
どちらがいのか判断してみてくださいねo(@^◇^@)oワクワク

 

まとめ

いかがでしたか?

私も積立預金を利用していました。

満期がきたらそれを定期預金にして貯めておくと言った方法です。

おかげで大きな買い物をしたい時、
早急にお金が必要な時も困らずに過ごすことが出来ましたよ。

 

貯金はいざという時のためにあった方が良いです。

早いうちから貯金の方法について検討するのは
とても大切ですよヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑