海外の人に英語で新年の挨拶をしてみよう!どんな言葉を送るべき?



海外に友達ができてから迎える初めてのお正月。

新年の挨拶をしたいけれど、英語だし、外国人だし・・・

なんていうのが自然なんだろう??

 

SPONSORED LINK

 

確かに新年の挨拶を馴染のない英語でするのは緊張しますよね。

 

間違った英語を使ってしまったら恥ずかしいですし、
外国の新年の挨拶のしきたりなども気になります。

 

でもそんな心配はもう無用!
 
ここでは外国人に新年の挨拶をする
スマートな方法をお教えします。

 

海外の人に新年の挨拶をしてみよう!

eigo_aisatu01
Original update by acworks

当たり前ですが、日本でも外国でも
お正月はお正月、新年は新年です。

 

中国のように旧暦で新年をお祝いする国ももちろんありますが、
基本は1月1日が、どこの国でも新しい年の始まりです。

 

文化や宗教の違いで、
挨拶の種類はいろいろと違いがありますが、

新年の挨拶という習慣は
どこの国にも共通して存在していると思われますよね。

 

そういった当たり前の習慣なのですから、
躊躇することなく、海外の友達、知り合いに
思い切って新年の挨拶をしてみましょう。

 

外国人ですから日本の挨拶はさすがに通じません(笑)

 

また、日本では常識的なことが、
海外では常識からちょっとずれている、
なんてこともあるかもしれません。

 

そうならないよう、まずはいろいろ情報収集をしてみましょう。

 

まずはいちばん肝心な
新年の挨拶に使う言葉やフレーズを探ってみましょう。

 

スポンサードリンク

 

新年の挨拶に使える英語って?

新年の挨拶の言葉って非常に大切ですよね。

差し出す人のセンスや想いが表れるのが言葉です。

 

「日本語でも大変なのに英語だともっと大変…」

 

そんな不安を吹き飛ばすように
ここでいくつか役立つ英語の新年の挨拶をご紹介します。

 

*Happy New Year

いきなりの定番です(笑)。

説明するまでもないですが、
あけましておめでとう」という基本中の基本の挨拶です。

ただこの定番に「have」をつけるとちょっと雰囲気が変わります。

Have a happy new year」、どうでしょうか?
「happy」の前に冠詞「a」を付けることを忘れないでくださいね。

「happy」は「great」、「wonderful」などでも代用でき、
こうするとネイティブ感が一気に上がります。

*Hope the New Year will be happy and wonderful for you

今年はあなたにとってハッピーでステキな年になるといいですね
という意味になります。

少しフォーマルな言い方なので、
誰にでも使える便利なフレーズですね。

*Happy 20XX! ! All the best wishes for you!

20XX年おめでとう!!最高の年になるように(お祈りしています)!
という意味ですね。

これは非常にカジュアルで、
お友達同士限定で使った方がいいかもしれません。

SNSやショートメッセージなど気軽で
カジュアルなシチュエーションに使える挨拶です。

 

いろいろ挙げていくときりがないのですが、
ポイントとしては、やはり
おめでたい雰囲気を持つ言葉を多く使っていくことです。

 

例えば、

・joyful(喜ばしい)
・gorgeous(素晴らしい)
・fabulous(ステキな)

 

などは使いやすい単語ですね(*^^)v

 

さて。
英語での挨拶のアイデアは固まったとして、
その方法ですが、海外では何が一般的なのでしょうか?

 

簡単にメールを送るのか、
日本の年賀状のようにハガキを送るのか、
いったいどんな方法があるのでしょう?

 

外国人に新年の挨拶をするならハガキ?メール?

eigo_aisatu02
Original update by acworks

最近は日本でも年賀状ではなく、
メールで新年の挨拶をする人が増えてきました。

 

便利で簡単でもあるし、
いいアイデアなのかもしれませんが、

やはりフォーマルという点では
年賀状に比べて劣るのかもしれません。

 

これは海外でも同じです。

 

メールでの挨拶は、たとえ年末忙しかったとしても
新年の準備を怠ったと思われがちで、
肩身の狭い思いをするのは海外でも一緒です。

 

ですので、
メールでの挨拶は頻繁に会うような
近い友達のみで留めておいた方がスマートかもしれません。

 

では郵便で新年の挨拶をする場合、
海外に年賀状ハガキはあるのでしょうか?

 

私の知っている限り、
日本の年賀状ハガキのような
特別なハガキを見たことはありません。

 

それは海外ではハガキよりも
カードを使うのが一般的だからです。

 

11月に入ると店頭には
クリスマスカードとともに新年のカードが並び始めます。

カードはクリスマスと新年を合わせた
ホリデーのデザインであるのが一般的です。

 

カードの中身は無地なものと、
何か一言挨拶が書いてあるものとがあります。

 

このカードに新年のメッセージを書いて
相手に送るのが郵送での新年の挨拶です。

 

ちなみに、
アメリカの郵便局が定めている新年用カード受付締切日は
12月初旬、または中旬と結構早く、びっくりします。

 

広大なアメリカだけに郵送にも時間がかかる
というのも理由の一つですが、

じつはもう一つ、
日本の慣習とは大きく違うことが理由になっているのです。

 

それは、新年の挨拶の時期を探ってみればわかりますよ。

 

英語圏に住んでいる人に新年の挨拶をする時期は?

英語圏の新年の挨拶の時期は日本と大きく違い、
特に新年のカードにおいては
12月初旬からクリスマスまでに届けるのが一般的です。

 

11月下旬のサンクスギビングが終わると、
英語圏、特にアメリカでは
一気にクリスマスシーズンに突入します。

 

キリスト教徒が多い英語圏では
クリスマスが宗教的にも非常に重要で、
1年の節目の行事となっています。

 

お正月はというと
新しい年のイベントといった要素が大きく、

クリスマスに比べれば、
実はそれほど重要視されていません。

 

ですので、大晦日やお正月は
クリスマスと一括りにされ、
ホリデーシーズンという形でまとめられています。

 

ですからカードもクリスマスを祝う言葉と
新年(ホリデーシーズン)を祝う言葉の
両方が書かれているものがもっとも人気があります。

 

クリスマスに重きを置いているのですから、
クリスマスまでにカードが届かないということは、
日本でいう、年賀状が元旦に届かないことと一緒なんですよ。

 

では口頭での挨拶はどうでしょう?
日本はお正月が過ぎてもしばらくは新年の挨拶をしますよね。

 

英語圏ではそういったことはあまりありません。

年が明けて1週間ぐらい経ってから
「Happy New Year!」なんて言うと、キョトンとされます。

 

英語圏の人にとって
新年はあくまでも元旦に行われるイベントなのです。

 

この点は日本とはだいぶ違うので、
外国人に新年の挨拶をする機会には注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

海外のお友達に新年の挨拶をする準備に
少しはお役に立てたでしょうか?

 

日本と少し習慣が違うだけですから
難しく考えなくても大丈夫。

ステキな新年の挨拶をお友達に送ってあげてくださいね。

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑