いつまでにおくればお歳暮になる?基本的な流れとマナーは?



今年こそ、お歳暮で焦りたくない!

でも、いつまでに送れば、
お歳暮として受け取ってもらえるのでしょうか?

そもそもお歳暮って?

どういう流れで贈るのが正しいの?

oseibo01

Original update by:写真AC

 

年末になると、様々な場所でお歳暮と、
見たり聞いたりしますよね!

 

しかし、お歳暮というのは、そもそも何なのでしょう?

いったいいつ送ればいいのでしょう?

 

今回は、そんなお歳暮に関する
疑問やマナーについてまとめてみました。

 

お歳暮はいつまでに送るものなの?

 

SPONSORED LINK

 

まず「歳暮」とは、「年の暮れ」を意味する言葉です。

 

日本には、年の暮れに

お世話になった人に感謝の気持ちを込めて挨拶回りに行く
歳暮回り」という年中行事がありますが、

この時の贈答品を「お歳暮」と呼んでいます。

 

そのうち、この贈り物の習慣そのものを
「お歳暮」と呼ぶようになりました。

 

お歳暮は、いつまでに送るのが一般的なのでしょうか?

 

「年の暮れ」と一言でいっても、
月のうちのどの辺りを示すのでしょう?

 

まず、日本には「正月事始め」という期間があります。

これは、お正月に必要な準備をするための期間を指します。

 

これは、いつかというと、
12月13日から、12月20日までの日をいいます!

 

ということは、少なくとも、12月20日に送ればいいのでしょうか?

ん?いやまてよ?

 

12月20日に送っても、届くのは、その後になりますよね?

そんな年末に届いたら、相手に迷惑なんじゃ???

 

いったい、いつ届くのが、
相手に喜ばれ、迷惑にならないベストな期間なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

お歳暮はいつ届くのがベストなのか?

お歳暮は、いつ頃届いたら、相手に喜んでもらえるのでしょうか?

年末が押し迫った忙しい時期に届いては逆に迷惑です。

 

お歳暮は、この、「正月事始め」12月13日から、
12月20日までに『届くように』設定しましょう!

要するに、12月の中旬に届くのがベストです!

 

また、最近では、11月中に発送準備を済ませ、
12月に入ったら届くというようにしている方も多いそうです。

 

今から落ち着いて準備をしたいものですね!

 

でも、年の暮れは、相手も忙しければ、こっちも忙しい!

うっかり送り忘れちゃった!

だってだってクリスマスもあるし
忘年会もあるし忘れてたんだもん!

・・・という人いませんか???
そんな時はどうしたらいいのでしょう?

 

お歳暮を送り忘れた際の対処法とは?

oseibo02

Original update by:写真AC

がーんがーんがーん!!!!

忙しくて、ついついお歳暮を送り忘れてしまった!!!

そんな時はどうしたらいいのでしょう!?

 

それは、お歳暮は、
「正月事始め」の期間内にとにかく送ればいいのです。

 

なので、20日に相手に届いた人は、
セーフということになります。

 

これ以降ですと、
年末差し迫った時期にお歳暮が届いて迷惑をかけてしまいます。
一番避けたいのが「年明け」ということになります。

年明けにお歳暮が届くなんて、あってはなりません!

 

それではどうしたらいいかというと・・・

気持ち新たに「お年賀」として送ればマナー違反にはなりません!

 

では、お年賀はいつまでに送ればいいのでしょうか?

 

お年賀は、「松の内」という期間に送るのがベストです。

 

「松の内」とは?

関東では1月7日まで、関西では1月15日までと言われています。

この期間に、お年賀を送って挽回しましょう!

 

松の内の期間は地方によって違うようですが、
1月7日までに届くようにすれば、心配ありませんね!

 

でも、お歳暮って、もらったら貰いっぱなしでいいのでしょうか?

 

お歳暮じゃなくても、何か頂き物をしたら、
感謝の気持ちを伝えたくなるのが普通ですよね?

 

どうやってその気持ちを伝えるのが良いマナーでしょうか?

 

お歳暮のお返しやお礼はいつまでに送るべき?

oseibo03
Original update by:写真AC

お歳暮、たくさんいただいたけど、お礼はしなくていいのかなあ?

なにかマナーが決まっているのかな?

 

現代での言葉のやりとりはメールやラインが多くなってきましたが、
それでははやり略式すぎます。

 

親しい間柄なら電話で気持ちを伝えていいものですが、
やはり「お礼状」を送るのがマナーです!

 

ハガキでも構いませんが、
お手紙で出すと、より一層丁寧な印象になります。

この時、お返しの品物は、いらないと考えられています。

 

でも、何日も開いてしまったらダメですよね?

お礼状を送る時期ですが、
お歳暮は、やはり「いただいたら早めにお礼状を出す」
というのがマナーです!!!

 

お歳暮が届いた日から、一週間以内に相手に届くように、
こちらでも調整しましょう!

12月に入ったら、素敵な便せんなど、
あらかじめ用意しておくのもいいですね!

 

お歳暮でどんなものを送ったら良いのか迷っている方は
こちらの記事もご覧くださいね!
↓ ↓ ↓
→「お歳暮正しい時期はいつからいつまで!?送る範囲と予算は?

 

まとめ

いかがでしたか?

なんとなく聞いていた「お歳暮」という言葉。

 

日本の年中行事として、脈々と続いてきた、
感謝の気持ちを伝える大切な行事だったのですね!

 

送る方は、相手の方の喜ぶ顔を考えると、
選ぶのも楽しくなり、いただいた方も、
年末に一年の感謝の気持ちが届くのですから、感慨深いですね!

 

普段、忙しいと、ついついお礼をいうのを忘れてしまったり、
伝えたいことを後回しにしてしまったり。

そんなことありませんか?

 

日本には、このように気持ちを伝えるという年中行事があります。

これは素晴らしい文化なのではないでしょうか?

これを機会に、日本人としてマナーを守って、
このしきたりを守っていきたいものですね!



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑