学習したことを忘れない勉強方法!自宅で効率よく進める方法は?



中学生になったら急に勉強する事が増えて、

学力テストの順位も気にしちゃう・・・
 

勉強しようとは思っているけど、

勉強方法がよく分からない(;O;)

 

SPONSORED LINK

 

中学生になると勉強する教科も増えて、
どのような勉強方法が良いのか分からなくなってしまいますよね。

 

実は勉強方法に悩んでいる学生ってけっこう多いんです。

 

ここでは、勉強するうえで大切なことや、
他の人と差をつけられる効率的な勉強方法をご紹介します。

是非、参考にして自分なりの勉強法を見つけてみてください(‘ω’)ノ

 

勉強を始める前に、お部屋の模様替えをすると効率アップするかも?
↓ ↓ ↓
勉強部屋のレイアウトで集中力が大幅UP!?お部屋活用術とは?

 

学校での勉強、自宅での学習の違い

255benkyouhou01
Original update by : ぱくたそ

まず、みなさんはどこで勉強していますか?

学校、家、塾、図書館など様々な場所があげられますが、
ほとんどの学生は学校で勉強していますよね。

 

似た意味では、学習するという言葉もあります。

「勉強する」のと「学習する」のでは、
実は意味が違うことを知っていましたか?

 

まず、学校での「勉強」。

これは、強いて勉めるので「勉強」というのです。

つまり、先生から強いられた(言われた)事に対して
勉める(努力する)という意味
です。

確かに学校では言われた事や与えられた事に対して
学ぶ努力をしていますよね。

 

一方で、勉強と似た言葉の「学習」

これは学校での勉強とは少し意味が異なるのです。

学んで習うので「学習」といいます。

 

つまり、ある事を自分で学んで習得するという
自主的な意味なのです。

ある事に対して自分でもっと知りたい、
学びたいという意思のあらわれですね。

 

学校では与えられたことをやるので「勉強」

家では自分で学んで知識を得ていくので「学習」

 

日頃は何気なく使っている二つの言葉でも、
意味が全く違っているんですねΣ(゚Д゚)びっくり

 

学校で勉強したことを家で再び学習して自分の知識とする、

という勉強の流れができあがります。

 

スポンサードリンク

 

予習と復習を効率的にする方法とは?

学校の勉強において必要なことが2つあります。

ズバリ!予習と復習です(^O^)/

 

みなさんは普段から予習・復習をしていますか?

 

進学高校では当たり前のように行なわれていることが多いですが、
中学生ではあまり習慣がないかもしれませんね。

 

でも予習と復習を効率的に行なうことが
勉強においてとても重要なのです。

 

まず、予習とは授業の前日に行ないます。

 

例えば教科書を少しだけ読み進めて、
明日の授業はどんなことをするのかなぁと
確認するだけでも予習です。

「予め学習する」ことに意味があるのです。

数学の予習であれば、少しだけ問題を解いてみるのも良いですね。

 

もちろん完璧に解けなくてもいいんです!

次の日の授業でその解けなかった部分をしっかり聞いて、
納得できれば良いのです。

 

予習では、
自分の分かる・分からないを把握することが重要です。

 

そして復習とは、
反復して学習することを意味します

学校で勉強したことをしっかり理解できているのか、
時間を置いて改めて学習しなおしてみるのです。

授業では理解できたと感じていても、
時間を置くと意外と忘れてしまっているものです。

 

重要なのは、その日のうちに復習をすること!

人間の脳は、なんと
覚えたことの70%を1日以内に忘れてしまうのです( ;∀;)えー

学校では1日に5~7授業がありますよね。

それらの異なる科目全ての内容を
脳にインプットすることは不可能に近いのです。

だから、その日の事はその日のうちに学習しなおして、
忘れないように脳にストッパーをかけてあげるのです。

 

復習では、学んだ事を自分の知識にしてしまうことが重要です。

予習と復習のやり方が分かったあなたは、もう勉強法を掴んだも同然。

 

前日の予習→学校の授業→その日のうちに復習!

効率的な予習と復習を続けていきましょう。

 

皆と差をつけるための勉強法や学習方法とは?

255benkyouhou02
Original update by : 足成

予習と復習を効率的に行なうだけでも、成績はグンとあがるでしょう。

しかし、更に勉強方法を工夫して皆と差をつけちゃいましょう!

 

・基礎をマスターする

勉強において、先ずは基礎を固めてから問題を解くことが基本です。

分からないから急に分厚い参考書を購入したり、
問題を片っ端から解いたりするのはNGです。

基礎をしっかり理解して、易しい問題から
徐々に難しい問題へ取り組んでいくという流れを作りましょう。

難しい問題でも基本的には基礎の応用です。

学校内で頭が良いといわれている人は、
きっと基礎をマスターしてから問題に取り組んでいるはずですよ。

・読んで書いて覚える

よく、勉強する=教科書を見ると捉えている人がいますが、
それでは成績は伸びません。

大切なのは感覚を使うことです。

人間の脳は「自分で意識して何かをする」と
記憶に残りやすいのです。

ただ教科書を目で追うのではなく、
声に出して読んだり、ノートに書き写したりしながら
学習することで記憶力は高くなります。

特に国語の文法や英単語は
声に出して読むと記憶に残りますよ。

数学の公式や理科の化学式などは
ノートに書きながら学習することをおすすめします。

 

塾や家庭教師は要る?要らない?

中学生になると塾に行き出す人や
家庭教師を依頼する人が多くなってきますよね。

周りがそうなると自分も塾へ通った方がいいのかなぁと
不安になる人もいるかもしれません。

 

でも、必ず要るのかといえば、そうではありません。
不安にならなくていいんですよ(^^)

 

  • 自分に合う勉強方法が分かっていますか?
  • 合っているのか分からなくても、授業についていけていますか?
  • テストで、勉強しただけの手ごたえを感じていますか?

もし上記がYESなら、塾や家庭教師はまだ必要ありませんよ。

 

 

  • 勉強方法が分からなくなってきてテストの点数が下がってきた
  • 授業の内容は理解できているのにテストが解けない

このような人は、
塾や家庭教師で新しい学習方法を見つけてみる手もありますね。

 

勉強にもスランプがあるんですよ。

自分ひとりでは勉強が続かないと感じたときは
是非、勉強のプロの力を借りてみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

勉強には、前日の予習と
授業を受けたその日のうちの復習がとても重要だったんですね。

 

学習したことを忘れないためにも、
自分に合う効率的な勉強法を見つけましょう

続けることで、きっと他の人と差をつけることができますよ!



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑