革ジャンの手入れ方法はコレ!カビが生える前にメンテナンスを!



少しずつ肌寒さも感じてきて、秋冬の服をおろす時期になりました。
秋冬で良く着られるアウターの1つに革ジャンがあります。
「去年買った革ジャンが何だか綺麗じゃない・・・」と思うことを
経験した方もいるのではないでしょうか?
今回は、そんな革ジャンの手入れ方法をご紹介したいと思います。

ファーのお手入れ方法を紹介した記事はコチラです!
↓ ↓ ↓
ファーの手入れに洗濯ってあり?洗い方ってあるの?

シューズのお手入れ方法はコチラの記事で紹介しています!
↓ ↓ ↓
ムートンブーツのお手入れで丸洗い?きれいに汚れを落とす方法とは
レインブーツ(ラバーブーツ)をお手入れして長持ちさせる方法

革ジャンの手入れに使う道具は?

SPONSORED LINK

革ジャンの手入れに使う道具には、
どんなものがあるのでしょうか。
①
・皮革ブラシ
・保湿クリーム
・ 保革オイル
この3つの道具があれば、革のお手入れが出来ます。

道具は楽天市場で買えるので、是非、覗いてみて下さい。

革のお手入れセット

革のお手入れセット
価格:2,851円(税込、送料別)

革ジャン以外にも、お財布や靴などに使えたりするので
とても便利ですね!
革ジャンのお手入れ動画はコレ!

革ジャンの手入れをする際の注意

②
革ジャンの手入れは、そこまで何度も行わなくて良いものです。
あまり手入れをしすぎてしまうと、逆に革を傷つけてしまうからです。

年に1~2回ほど革ジャンを出した時しまう時に手入れをするだけで十分、革ジャンは綺麗に保たれます。

もし、着ていて少し汚れが気になるな・・・と思っても、
ブラッシングをしてあげるだけで、とても変わります。

棚卸しした時にカビが生えていた時の対処法

③
久しぶりに革ジャンを着よう!と思って出してみて、
カビが生えていた・・・なんてこともあったりしますよね。
カビが生えていた時の対処法は、革の種類によって変わってきます。
銀面の革の場合は、よく絞った濡れタオルでふき取って、陰干しをします。
スエードの革の場合は、ブラッシングをするだけでカビがある程度、なくなります。
以上のことをしても、まだカビが気になるようなら
綿棒や歯ブラシなどで細かいカビを取っていくと良いでしょう。

普段の手入れの方法

④

普段の革ジャンの手入れの方法は、とても簡単なものです。
○ ブラシで革ジャンについた汚れをとる

まず最初に、ブラシで革ジャンについたホコリを取ります。
ブラッシングで取れなかった汚れを、
保湿クリームを使って取っていきます
○ 雑巾やタオルなどで油分を補給する

保革油を適量、雑巾やタオルなどに染み込ませ
革ジャンに油を補給していきます。
あまりつけすぎてしまうと、カビを生やす原因になってしまいます。

この2つの作業を行うだけで、革ジャンの手入れは終了です。
とっても簡単ですよね!

これなら、めんどくさがらずに革ジャンを綺麗に保てそうじゃないですか?

雨に濡れた時の手入れ方法

⑤
今、革ジャンはほとんど防水加工がされています。

それでも雨などの水は、革の1番の弱点です。
雨で濡れた時は、乾いたタオルで濡れた部分を拭き取って
風通しの良いところで陰干しして乾燥させます。

直射日光で乾かすと、革にヒビが入ってしまって、ダメになってしまいます。

革ジャンの収納方法は?

⑥
革ジャンは、湿気にも弱いアイテムです。
湿気のないところに吊るして保管しましょう。
ナイロン袋等にも入れずに、ただ吊るしておくだけです。
また、今では革ジャンのクリーニングをしてくれるところや、
革ジャン専門のクリーニング店もあったりするので、
そのような場所で、クリーニングしてもらうことも可能です。
革ジャンは男女共に人気のアイテムです。
綺麗に保管して、秋冬かっこよく着こなしちゃいましょう!
不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑