家計管理はどっちがする?共働きの夫妻が円満に家計を守る方法



共働きの夫婦って、
家計の管理はどっちがするべきなの?

みんながどうしているのか気になる。

お金の管理で知っておいた方がいいことって何だろう?

280kakei-01
Original update by acworks
共働きでお金を誰が、そしてどうやって
管理するべきか悩みますよね。

 

確かに結婚して、しかも共働きとなると
お金の管理もとても重要になってきます。

 

ここでは共働き夫婦のお金の管理についての
役立つ情報をご紹介します!

 

共働き夫妻にありがちな家計トラブルとは?

 

SPONSORED LINK

 

共働きの利点はお金が貯まること」、
ほとんどの方がそう考えるのではないでしょうか?

 

でもこれはうまく家計の管理ができている時だけに当てはまること。

共働き夫婦にありがちな家計トラブルって、
一体どんなことがあるのでしょう?

 

いちばんよくあるケースは、

夫婦のどちらかが家計の管理をしているため、
パートナーが家計の内容を全く理解していない

ということです。

 

つまり預金がどれぐらいあって、
毎月の収入と支出はどれぐらいなのか、
片方は全くわかっていない、
あるいは関心がないという状況が少なくありません。

 

このような夫婦、カップルにありがちことは

肝心な時にお金が全くなかった」、

なんていうハプニングに見舞われることです。

 

「自分の収入なのだから自由に使ってもいい」、
「共働きだからいざとなればパートナーの収入もあるから大丈夫」、
などという考えがいちばん怖いのです。

 

気がつけばパートナーがカードローン地獄に陥っていた、
なんてこともよくあるそうですよ。

 

こういったトラブルを避けるためにも
家計の管理はやっぱり大切ですよね。
でも二人で家計の管理をするのは
なんだか面倒だし、効率も悪そう。

何かいいアイデアってあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

家計管理は妻か夫、どっちかに一任するべきなの?

共働きで忙しい夫婦、カップルにとって、
二人一緒に家計の管理をするのは
ちょっと効率が悪いように感じますよね。

 

となると、やはりある程度は
どちらかにお金の管理を任せた方がいいのでしょうか?

 

「家計を任される」ということは違った見方をすれば、
「お金を自由にできる」ということ。

 

将来のために貯金しなくては、と思ってはいても、
つい誘惑に負けて、高い買い物をしてしまったりするかもしれません(笑)

 

一人では誰にも咎められませんから、
気がつけば今月は赤字だった、なんてこともあり得ますよね。

 

そういう事を防ぐために、
普段は一人で管理してやりくりしつつ、チェックは二人でする
というのはどうでしょうか?

 

家計簿をつけて、お互いで確認するようにすれば、
不足や貯蓄の状況がよくわかります。
何かを買う時や、あるいは買ってしまった後でも、
相手にわかる状態にしておくのです。
そうなるとお互いお金の支出には慎重になり、
自然と貯金も増えていくきっかけともなります。

 

こういった意味でも家計はどちらかに一任するのではなく
二人で管理した方が望ましいのです。

 

でももし何らかの事情で、
どうしても片方が管理することになった場合、
一般的には夫、妻、どちらの管理は好ましいのでしょうか?

 

一般的に家計を管理するのはどっち?

280kakei-02
Original update by akizou

さて一般的に家計を管理するのは
妻、夫、どちらだと思いますか?

 

2014年にある大手銀行が行った家計管理調査によると

「妻の管理」が56.2%
「夫の管理」が29.3%
「二人の管理」が13.8%

という結果になったそうです。

 

また2015年に大手住宅会社が
「結婚5年以内の共働きの夫婦を対象」に行った調査
では

「妻の管理」が45%、
「夫の管理」は25.3%、
「二人、またはそれぞれで管理」が29.7%

という結果になっています。

 

この結果だけを見ると、
妻に家計を任せている夫婦が多いですよね。

 

その理由を聞いてみると、

「妻の方が家計簿をつけたり資産管理をしたりするのが得意」、

「妻の方が性格的に細かく、几帳面だから」

などという理由が目立ちます。

 

なんとなく「妻=女性=几帳面」という方程式が
根拠もなしに出来上がっているような気がしますが、
みなさんはどう思われますか?

 

ちなみに、「二人、またはそれぞれで管理」
と答えた3割近くの人は、その理由として

「自分の方がお金にしっかりしている」
「計算が得意な方が家計を管理すればいい」、

というような、男女の区別をつけない回答をしています。

 

しかし、「確かに女性だから几帳面、男性だから資産管理が上手」
という物差しは全く根拠がないものです。

 

アンケート結果では
「家計の管理は妻に任せる」という割合が優勢ですが、

実際にはお金の管理の上手な方に
家計を任せた方が安心
なような気もしますね。

 

さて、前述したことを踏まえて考えた末、
共働きの夫婦が二人でお金の管理をすると決めたとします。

 

お金のことですから
何かと喧嘩の火種となるものが多い気がしますが、
うまく管理するコツってあるのでしょうか?

 

これについても、少し見てみましょう。

 

共働きの夫妻が喧嘩せずに家計を管理する方法とは?

ここでは共働き夫妻が実際に行っている家計管理方法で、
人気のあるものを紹介しますね。

*夫婦お小遣い法夫婦共同名義の家計用口座を作ります。
お互いの毎月のお給料はこの口座に全額まとめて預けます。そしてお互いのお小遣いを月いくらと決め、
その分を引き出し、それぞれに支給する形をとります。

この方法のメリット
お金が一つの口座にまとまるので管理が楽ということ。

デメリットはお給料全部を共同口座に入れるため、
共働きなのにもかかわらず自分で使えるお金が少ないことです。

 

*あえて片方の収入で暮らす

例えば妻の収入は全額貯金にまわし、
夫の収入で家計をやりくりする、という方法です。

メリットは毎月の妻の収入全部が貯金になるので、
早く貯金を貯めることができること。

デメリットは夫の給料によっては家計が苦しくなる、
お互い自由に使えるお金がなくなることですね。

 

*家計用共同口座に一定額ずつ負担毎月の支出額を計算し、それに基づいて夫は○万円、
妻は△万円と家計用共同口座にお金を入れる方法です。それぞれの負担額は収入が多い方を大きく設定します。
負担額以外のお金は自己管理になります。

最大のメリット自分の使えるお金が多いこと、
デメリットお互いの貯蓄状況がわからないことが挙げられます。

 

ざっと挙げてみましたが、
もちろんこれ以外にも方法はたくさんあります。

喧嘩しないように、
自分たちに合った方法をぜひ探してみてくださいね。

 

まとめ

いかかでしたか?
共働きの家計管理について、
いいアイデアや役立つ情報は得ることができましたか?

それぞれ、家庭の生活スタイルによって誰が管理するのがいいのか、
状況は変わってきてしまう事もあるかとは思います。

 

どちらにせよ、ポイントは相手にまかせっきりにせず、
それぞれ把握しておくことや話し合っておくこと
ですね。

 

お金は結婚や人生の全てではありませんが、
それでもなくては困るもの。
二人でベストな管理方法を見つけて、
仲良く生活を楽しんでくださいね。

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑