年末調整は確定申告と何が違うの?年末調整をするべき人って誰?



サラリーマンは確定申告とかめんどくさいこと
しなくていいって聞いたけど・・

 

年末調整って何??何か手続きするの??

あれ?そもそも何がどう違うの?

308nenmatu-01

Original update by : 写真AC

 

年末調整、確定申告・・・
税金に関する言葉はどれも難しそうですよね。

初めて聞いて、何か手続きをしなきゃいけないのかと
不安に思う方もいるかもしれませんね。
そんな不安を解決すべく、
言葉の解説から何をするのかまで丁寧にお伝えします!

 

年末調整って確定申告と違いがあるの?

 

SPONSORED LINK

 

年末調整と確定申告、どちらも税金を納める方法ではありますが、
やり方は全然違います。

一部の人を除いて、会社員であれば年末調整
自営業者の方は確定申告で税金を納めます

 

年末調整はその年の秋から年末にかけて行い、
確定申告は年が明けた2月16日から3月15日に行います。

 

会社員の方は事業主つまり会社側が手続きをしてくれるのに対し、
自営業者は自分(又は代理人)で申請を行わないといけないのです。

 

つまり手続きを行う人が違うので、
それぞれやり方や時期が変わってきてしまうのです。

 

では、会社にすべて任せておけば良いのでしょうか?

 

実は年末調整も少しだけやることがあります

さらに、会社員の方であっても、
条件に当てはまると確定申告が必要になります。

難しく考えなくて大丈夫ですよ♪

 

会社員の方であれば基本書類を用意して
後は会社側が処理してくれる年末調整をし、
条件に当てはまった時だけ確定申告をすれば良いのです!

 

それではまず、会社員の方に関わりがある年末調整、
もう少し詳しくみていきましょう(*´▽`*)

スポンサードリンク

 

そもそも年末調整って何のこと?

そもそも年末調整とはどのようなことなのでしょうか?

 

これは、1月から12月まで毎月源泉徴収した金額と
実際の納税額を比較し、過不足分を計算し調整すること
をいいます。
少し難しいですね(;’∀’)

 

会社員の納税方法は源泉徴収といって、
毎月の給料から天引きされています。
これは会社が納税を代行しているのです。

 

でもこの金額あくまで仮の金額、つまり仮払い状態なのです。

実はこの引かれている金額は所得に応じて決められています。

 

しかし、所得税
扶養家族の人数などによって個人差が出てきます

片方は5人扶養している家族がいて、
片方は独身だけど金額が一緒だから
税金も一緒というと不公平ですよね?

 

それらを考慮した額が本来納付するべき金額なのです。

なので、年末にきちんと納めるべき税金の計算をして、
この仮払金より多ければ追加徴収で不足分を払い、
逆に少なければ還付金としてお金が返っていきます。

 

これが年末調整の仕組みです。

 

会社が納税を代行してくれているので、
実際ご自身がどのくらい税金を払っているのか
知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

年末に源泉徴収票というものがもらえるので、
一度確認してみてください。

ちょっとビックリするかもしれません(*‘ω‘ *)

 

では次に確定申告が必要な人と
年末調整が必要な人を細かく見ていきましょう。

 

確定申告が必要な人、年末調整が必要な人とは?

308nenmatu-02

Original update by : 写真AC

 

先ほどもいったように
年末調整が必要なのは事業所に勤めて、
給与所得を得ている会社員の方です。

 

では、確定申告が必要な人とはどのような人でしょうか?

自営業者と条件に当てはまるすべての人です。

この条件をいくつか見ていきましょう。

 

  • 給与年収が2000万円を超えている人
  • 1つの事業所(会社)から給与を受けていて、
    給与や退職金以外の所得合計が20万円を超えている人
  • 2つ以上の事業所(会社)から給与・賃金を受けている人
  • 前年の途中で会社を辞めて、年末調整を受けていない人
  • 災害の被害を受けて、前年の給与に
    源泉徴収税額の徴収猶予・還付を受けた人
  • 高額な医療費を支払っていて、医療費控除が必要な人
  • 家を購入して住宅ローン控除を受ける人(初年度のみ) など

 

詳しくは国税庁のホームページに載っています。

このような条件に当てはまる場合のみ、
その年の確定申告が必要となります。

 

還付される(お金が戻ってくる)場合もありますので、
当てはまるものがあればきちんと確定申告しましょう(*´▽`*)

 

それでは最後は年末調整で何かすることはあるのか?
という疑問にお答えします♪

 

雇用されている人が年末調整時にすることは?

確定申告と違い、年末調整はものすごく簡単です(*´▽`*)

年末近くなると会社から
給与所得者の扶養控除等申告書などの記入を求められます。

それに必要事項を記入し、
さらに保険会社からくる保険料控除の書類
場合によって住民票など指示された書類を提出すれば完成です。
これらを会社が定めた期間に提出すれば
後は会社側が手続きをしてくれます。
こういう面では雇用されていると手続きが楽でいいですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
税金は難しいことは多いけれど、
自分にかかわることだけを知ると
そんなに怖がることないなと思いませんか?
年末調整や確定申告は
それぞれ税金を納めるために必要な手続きです。

しかし、立場によって
するべき手続きが違ってくるということになります。

雇われている立場の場合
手続きなどは会社が行ってくれるので、基本任せて構いませんが
何が行われているのかくらいは把握しておいた方がいいですね^^

 



スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑