インフルエンザ予防接種の妊婦や乳幼児の最適な予防時期は?



これから少しずつ寒くなっていき、
流行りだすのがインフルエンザです。

 

生まれたばかりの乳幼児がインフルエンザを発症しないか
心配になったりすることもありますよね。

 

SPONSORED LINK

インフルエンザの予防接種もありますが、
どのタイミングでしたら良いのか、
分からなかったりすることもあるかと思います。

 

そこで今回は、
生まれたばかりの乳幼児を育てているお母さんのために、

インフルエンザがどんな病気なのか、
予防接種の時期はいつが良いのか、
ご紹介したいと思います。
予防接種と合わせて、家庭でできる対策はコチラです!

↓ ↓ ↓

鼻うがいの効果と注意点 間違った方法は逆効果?

 

インフルエンザとは?

インフルエンザとは、
インフルエンザウイルスが体内に入ったことで発症する病気です。

 

症状は発熱、寒気、せき、鼻水など一般的なかぜの症状と似ていますが、
インフルエンザは一般的なかぜと比べて「重症化」しやすい病気なので、
かぜと区別されています。

 

tanabe11_1

 

インフルエンザウイルスはA型B型C型に分けられます。

A型インフルエンザ、
B型インフルエンザってよく聞きますよね。

では、これらの違いとは一体、
どんなものなのでしょうか。

 

 

Aは、一定の形ではなく違った形のウイルスに変化して感染します。

そのため、色んな人の弱いところを攻撃してくるので
大流行しやすい
のです。

 

その反対でB型は、決まった形でしかウイルスは感染しないので、
A型よりも流行しにくいインフルエンザす。

 

C型は、幼児が発症するインフルエンザです。

「小さいときにインフルエンザにかかったな~」
と思い当たる人もいるかと思いますが、
それはC型インフルエンザのケースが多いようです。

 

C型インフルエンザの名前は聞いても、
実際に感染した人はあまり聞かないと思っていましたが、
幼児に限定されて発症するインフルエンザだったのですね!

小さいお子さんを持っている親御さんは、
ちょっと怖いと思うかもしれないですね。

 

最適なインフルエンザ予防接種時期は?

⑤

 

妊婦さんや乳幼児の
最適なンフルエンザ予防接種時期
一体、いつなのでしょうか?

 

そもそも妊婦さんは、
妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けて良いのでしょうか!?

 

基本的には妊娠中のインフルエンザの予防接種は可能です。

しかし、妊娠初期は自然流産する可能性が高いので
避けた方が良いと言われています。

 

それに加え、
まだ日本では妊娠中のワクチン接種が安全という保証が低いです。

なので、妊娠後期になってからワクチンを摂取する妊婦さんが多いです。

 

防腐剤が含まれているワクチンがあるので、
クリニックで確認してそのワクチンを接種すると良いでしょう。

 

 

乳幼児のインフルエンザ予防接種時期は、
生後6ヶ月以降になります。

 

1歳近くになってくると、外に出る回数も増えてくるので、
1歳が近づいて来たら予防接種を受けると良いでしょう。

 

乳幼児はインフルエンザの感染がないので、
まだ免疫がついていません。

その為、4週間ほど間隔をあけて2回接種するようにしています。

 

 

人によってインフルエンザの予防接種の違いが出てくるので、
自分の年齢や立場でどの時期に予防接種を受けたら良いのか、
これをきっかけにきちんと考え直してみると良いですね!

 

予防接種による副作用は?

⑥

 

予防接種は、体内にインフルエンザウイルスと戦ってくれる
微生物を入れる行為になります。

 

そのため、体が「菌が入ってきたぞ!」と勘違いをして、
発熱などのかぜの症状に近い反応を出してきます。

 

これが、予防接種による「副作用」です。

これは「正しい副作用」の出方になります。

 

人によっては、アナフィラキシーショック反応といって
予防接種のワクチンによるアレルギー反応で
呼吸困難を起こす場合もあります

 

これはとても危険な副作用の出方なので、
そのような副作用があることも 頭の隅に入れておくと良いでしょう。

 

インフルエンザワクチンは、
本当に効果があるのか? 危ないものではないか?

というような声が多々出ています。

 

それでも、インフルエンザにかかった場合に
ある程度、症状を和らげてくれるので、
予防接種はきちんと受けといた方が良いでしょう。

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑