スマホ手袋の仕組みってどうなってるの?対応しているスマートフォンは?



寒い日のスマホ操作。

手袋を毎回とるのは面倒だなぁ∈(´Д`)∋アァー

 

えっ!つけたままでもスマホを操作できる手袋があるの!?

390sumaho-1

Original update by:MariusMB

 

スマホの普及でほとんどの人がスマートフォンを持つようになりました。
しかし冬場、手袋をしているとスマホの操作ができません。

毎回、手袋を取らなければいけないし
手袋なしの長時間の操作は手が冷たくなってしまいます。

 

そこで登場したのが手袋をしたまま操作できる「スマホ手袋
今回はこのスマホ手袋の仕組みや利便性をご紹介していきます\(^▽^)/

 

スマホ手袋はどういう仕組みで出来ているの?

 

SPONSORED LINK

 

スマホのディスプレイは特殊なガラスを使用しており、
人の指先から発せられる微弱な電流を感知する仕組みになっています。

ですから人の指先を完全に覆ってしまう手袋はスマホ操作に支障を与えてしまうんですね。そのため、普通の手袋をした状態ではスマホの画面をタッチしたり、スワイプしても反応しないというわけです。

 

では、はめたままでも操作ができる、
スマホ手袋』というのはどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

スマホ手袋は電気を通す導電糸と呼ばれる特殊な糸を使って作られています。

導電糸は特殊繊維とアクリルウールを混ぜて織り込んでいる糸です。

この導電糸のおかげで電流が通り抜けるようになりますので
スマホの操作が可能になるというわけですヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

 

導電糸を使ったスマホ手袋はデザインによって様々です。

手袋全体が導電糸で作られているものや、指先部分だけ導電糸のものなどがあります。

スマホ手袋が登場したばかりの頃は、見た目が良くないものが多かったです。
いかにも「スマホ用」といった色も見た目の同じような手袋でした。

当時は防寒を取ってスマホ手袋にするか、スマホ手袋は使わずに
面倒でも毎回手袋を外すか…そんなところで選ばれていた気がします。

 

今はだいぶデザインも豊富になりました♪

皮素材で指先が導電糸を使っているカッコイイデザインや、
女性がしていても違和感のない可愛いものまで手に入れることができます。

応用編としては自分で手作りすることもできます。
導電糸だけも販売されていますので、導電糸を購入し持っている手袋に編みこむだけ。

ちょっと見た目が変わってしまいますが、不可能ではありませんよ。

 

スポンサードリンク

 

導電糸のすごさと他の応用商品とは?豆知識

 

スマホ手袋に使われている導電糸は
実は他にも様々な場所で活躍している凄い糸なんですw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

その特徴を見ていきましょう。

 

導電糸は電気を通す糸なので、銅線がなくてもつなぐと電球を光らせることもできます。自前の服にライトを付けて導電糸を使用し光らせるなんてことも簡単です。

導電糸にはスマホを操作できる利便性の他にも、
除電効果、遠赤外線効果、電磁波の吸収、抗菌消臭効果があります。

 

中でも利便性が高いのが除電効果です(; ̄Д ̄)
いわゆる冬場にたまりやすい「静電気」を放電してくれます。

真冬に素手で車のドアを開けたり、ドアのノブに触るとバチッと静電気が走って痛い思いを経験した人も多いと思います。

それがこの導電糸を使うことで放電されて「バチッ」がなくなるのです。
私もよく静電気に悩まされるので、嬉しい効果ですね。

手袋だけでなく洋服の静電気がたまりやすい部分に導電糸を使ってステッチを入れれば、服を脱ぐときの絡みつく不快感もカバーできますv(*’-‘*)oォヶォヶ♪

服の内側に縫いこんでしまえば、目立たないので嬉しいですね。

 

電磁波を吸収してくれるのでOA機器のそばで仕事をする機会の多い人は、
導電糸を含む衣類を身に着けていると良いかもしれません。
スマホも電磁波を発しているので、導電糸の手袋をつけることは、
身体への影響を軽減してくれているのかもしれませんね。

 

暖かく、抗菌効果もバッチリな導電糸を使った製品。
その利便性に今までよりちょっと見方が変わってきませんかヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ

 

どのスマートフォンにも対応しているの?

390sumaho-2

Original update by:いしだひでヲ

 

スマホ手袋は基本的にどのスマホにも対応しています。
スマホのディスプレイの仕組みは同じですからね。

しかし、人によって「反応が悪い」「上手く操作できない」という声もあります。

 

その真相はというと… ̄m ̄ ふふ

 

 

導電糸を使用している部分が小さすぎる

手袋をしたままスマホを操作するには
導電糸の部分をしっかりと画面にあてる必要があります。

この導電糸部分が小さすぎると操作に支障が出てしまうようです・・

どうしても上手くいかないという人は、指先だけ導電糸を使用している手袋よりも、
全体が導電糸で出来たものが良いです。

手袋のどこでスマホを触っても反応があるので快適ですよ。

 

 

手袋のサイズが合っていない

女性にありがちな現象なのですが、手袋のサイズが手に合っておらず、
指先がしっかりはいっていない人がいます。

スマホは指先をタッチして使用するものなのに、
手袋の指先まで指が達していない場合が多いのです∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

 

これでは指先だけ導電糸の手袋の場合、
反応が薄いですし無理やり手袋の指先に合わせてもすぐにずれてしまいます。

結果、使えないわね…ということになり兼ねません。
手袋のサイズはピッタリのものを選ぶとストレスなく操作ができるでしょう。

 

 

導電糸部分が劣化してしまった

これは長くスマホ手袋を使っている人に起こることですね。

使い続けていると導電糸はもちろん劣化していきます。

それに気づかずに使い続けていると、やはり操作性は落ちます。
適度に劣化していないか様子をみることも大切ですね(*’-‘)ゞリョウカイ♪

今は塗るだけでスマホ手袋に変身する液体も出ているようなので、
その辺を使って自己修復するのも一つの手です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

スマホ手袋の意外な仕組みを知ることで
欲しくなった人、やはりいらない人…意見は様々だと思います。

スマホを操作する利便性も良いのですが、
私は静電気除去にとても惹かれているので、
今年は購入してしまうかもしれません。

便利なグッズで快適なスマホライフを過ごしてくださいねo(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

 

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑