桃の節句の由来は?伝統的な飾りにはどんなものがある?



桃の節句っていつから始まったの?

伝統的なお飾りや料理はある?

Original update by : autan

 

3月3日は言わずと知れた雛祭りです!

娘さんを持つ親御さんにとっては、一番大切な行事ではないでしょうか?

この雛祭りは別名「桃の節句」と呼ばれており、
女の子の健やかな成長を祈る行事として定着しています(*’▽’)

 

ですが、一体いつから桃の節句は始まったのか、
どうして女の子を祝う行事になったのかなど、
その由来については知らない方も多いことでしょう。

というわけで今回は、桃の節句が始まった歴史やその由来、
それと一緒に雛祭りのお飾りや料理についても学んでいきましょう!

 

桃の節句の由来について知っていますか?

 

SPONSORED LINK

 

そもそも桃の節句はどうして始まったのでしょう?

 

桃の節句の起源は古代中国で行われていた
「上巳節会(じょうしのせつえ)」と呼ばれるものです。

上巳節会には厄災や体の穢れを払うため、禊(みそぎ)を行う習慣がありました。
これが日本に伝わり、長い期間をかけて「桃の節句」として定着していったようです(*´ω`)

 

そんな上巳節会の文化が初めて日本に伝わったのが、平安時代だと言われています。

今でこそ桃の節句と呼ばれていますが、昔は「上巳の節句」と呼ばれており、女の子の健康を祈る行事ではなく、人々の無病息災を祈る厄祓い行事を行う人されていました。

ちなみに「上巳」とは、3月上旬の巳の日を指す言葉で、
今の雛祭りが3月3日になった由来です。

 

お子さんにも分かりやすく「雛祭り」を説明する方法を紹介した記事はこちら!
↓ ↓ ↓
ひな祭りの由来を子供に教えるには? 簡単な説明はコレ!

 

さて。

上巳の節句には上巳節会と同じく、禊をする習慣がありました。
その際に日本で行われた禊の一つが「流し雛」と呼ばれるものです。

流し雛は自分の身代わりとなる人形を用意し、
それを川に流すことで厄を払っていたそうです。

まさに昔ならではの風習、といった感じですよね(;´∀`)

 

そして同じ時期、宮中の間では「ひいな遊び」と呼ばれる人形遊びが流行していました。

これも雛祭りの誕生に大きく関わっている話です。この「流し雛」と「ひいな遊び」の習慣が後の世にも伝わり庶民にも広まったことから、江戸時代には「3月3日は桃の節句」として正式に制定されました。

 

ちなみにどうして「桃の節句」と名付けられたのか?という名前の由来についてなのですが、旧暦の3月3日が、ちょうど桃の花が咲く時期だったことにあるのです。

何とも可愛らしい理由ですね(*^^*)

桃の節句と呼ばれるようになった理由は諸説あり、
「桃には厄災を払う力があるとされているから」というような話もありますね(^^♪

 

スポンサードリンク

 

伝統的な飾りにはどのようなものがあるの?

さて、この桃の節句に飾るものといえば、どのようなものがあるのでしょうか?

お飾りにはたくさん種類があるので、一つ一つご紹介しますね(*^_^*)

 

まず、最も一般的なのは段飾りの雛人形です。

これには大きく分けて、三段飾り、五段飾り、七段飾りのものがあります。現在では雛壇に収納スペースが付いた収納飾り、場所も取らず人形が汚れる心配のないケース飾りなど、様々な形の雛人形が登場しています(^_-)-☆

 

少し変わったものだと、「つるし飾り」と呼ばれる飾りがあります。これは一部地域に伝わる風習なので、知らない人も多いかもしれません( ..)φメモメモ

例を挙げると、山形の「傘福(かさふく)」や福岡県柳川市の「さげもん」などが有名です。

つるし飾りには様々な形を模した人形たちが吊り下がっていますが、その一つ一つにちゃんとした意味が込められています。例えば桃の人形には邪気払いの願い、這い子人形(赤ちゃんがハイハイしている人形)には子供が丈夫に育ちますように、という意味が込められているそうですよ(*’ω’*)

 

さらには、つるし飾りにも色々と種類があり、天井から吊るすもの、専用のスタンドに飾るもの、収納に困らないミニサイズのものなど様々です。

購入する場合は、自分の住んでいる地域やお家に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、最近では「変わり雛」と呼ばれる不思議な雛人形も登場しています。有名なキャラクター達が雛人形として真顔で並んでいる姿は、なかなかシュールで面白いですよ(;’∀’)

もし余裕があれば折り紙や紙コップなどを使って、ハンドメイドの雛飾りを作ってみるのもいいかもしれませんね(#^.^#)

 

 

さて。ここまで桃の節句の飾りについて見てきましたが、
これだけでは雛祭りパーティーをするには物足りないですよね(;_;

というわけで次は、桃の節句にピッタリな料理について見ていきましょう!

 

桃の節句にピッタリの人気の料理とは?

Original update by : Yuichi Sakuraba

 

桃の節句にピッタリな料理はあるのでしょうか?

色々ありますよ(^^)v

 

例えば代表的なもので言えば、ちらし寿司なんてどうでしょう?

お子さんからお年寄りまで幅広い年層の方に受け入れられる味、レンコンや海老など縁起がいいとされる食材の数々、そして黄色や緑といった彩の良さ。全てにおいて雛祭り向きの料理と言えます(*^▽^*)

 

それから雛祭りには、はまぐりのお吸い物を頂く習慣もあります。
はまぐりが二枚貝であることは、皆さんもご存じですよね(#^^#)

二枚貝の貝殻は、対になっているものしかピタリと合わさりません。そこからはまぐりは貞操を表すものとされ、「一生一人の人と添い遂げられますように」という願いが込められているのだそうです。何ともロマンチックですね(*´Д`)

 

もっと色んな料理に挑戦してみたい!という方は、
クックパッドなどで検索してみるのもいいかもしれません。

そういったサイトなら娘さんが喜ぶような子供向けのレシピも
たくさん揃っていると思います( ..)φメモメモ

 

まとめ

いかがでしたか?

桃の節句は「流し雛」の風習がルーツとなった行事だという事実は、
驚きだったのではないでしょうか?

もし娘さんと雛人形を飾る機会があったら、
その時にでも由来の話をしてあげて下さいね♪

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑