二日酔いに効く食べ物とは?食欲がなくても食べられるメニューはこれ!



飲み会が続くと二日酔いでつらくて食欲が湧かないな。

ダメだとわかっているけど、
ついつい食事を抜いてしまうことが増えているな。

Original Update by:写真AC

 

社会人になると一人暮らしを始める人も多いですね。

飲み会の後二日酔いになってしまうと何もしたくないですよね。

何か食べた方がいいのはわかっているけど、
一人でつくるのもやる気にならず食事を抜いてしまっていませんか?

二日酔いになると何もしたくないと思いますが、
できれば何か食べた方が良いですよね。

ではどんな食べ物が二日酔いの症状をやわらげてくれるのでしょうか?

今回は、二日酔いの時に手軽に食べられる食べ物や、
二日酔い予防の食べ物についてご紹介します。

 

二日酔いの症状に効くのはどんな食べ物?

 

SPONSORED LINK

 

二日酔いになると脱水症状を起こしたり、
肝臓や胃の働きが弱って吐き気がしたりと食欲がなくなります。

二日酔いで食欲がない時でも、
できれば少量でも食べ物を口に入れることをおすすめします。

こういう時には、どういうものを食べた方がよいのでしょうか?

 

お酒を飲むことで胃酸過多になっている症状には、梅干しが重宝します。

梅干しはお湯に入れて飲んでも良いですし、
胃腸の粘膜を助けてくれる効果もあるようです。

 

他にも吐き気がないのであれば、グレープフルーツ等の果物もおすすめです。
ジュースにすると飲みやすくなりますね。

 

弱った肝臓を助けてくれる食材としてはトマトもおすすめです。
トマトに含まれるリコピンがアセトアルデヒドの代謝をすすめてくれます。

また、トマトにはクエン酸やGABAの成分が含まれていて、
胃の粘膜の保護や弱った肝臓を元気にすると言われています。

 

他にもしじみのお味噌汁や、
お豆腐も二日酔いの症状を緩和してくれると言われています。

チーズもアセトアルデヒドの分解にはおすすめの食材です。

では、二日酔いで食欲がない場合でも何か食べたほうがいいのでしょうか?

 

食欲がない場合でも食べた方がいい?

二日酔いで食欲がない場合でも何か食べた方がいいのでしょうか?

例えば吐き気などの症状が重くなければ、
できれば食べた方がいいと言えるでしょう。

二日酔いの原因としてアルコールのとりすぎで、
胃や肝臓や腸の働きが弱っています。

また、アルコールの効果で利尿作用があって脱水症状になっていることも多いので、
失われた栄養を摂取して体力の回復を図ることは大切です。

 

ただし、吐き気が強い場合は、無理をしないようにしましょう。

食べた物が刺激になってかえって二日酔いの症状を悪化させてしまうこともありますので、そういう場合は、スポーツドリンクなどで水分補給する程度にすることをおすすめします。

もし何か食べられそうな時は、どういうものがよいのでしょうか?

 

二日酔いの人にぴったりなメニューはコレ!

二日酔いの時は、胃や腸の働きの弱っていることが多いですね。
そういう時にぴったりのメニューはあるのでしょうか?

 

食欲がないときにおすすめなのはお味噌汁や雑炊です。

お味噌汁に、しじみなどの貝類をいれると
肝臓の働きを助けてくれるので良いでしょう。

 

雑炊は胃腸やさしい食べ物ですね。

具にお豆腐や玉子、キノコ類を入れるとより効果的です。
肉うどんとかも薄味にすると、たんぱく質も取れて良いでしょう。

 

身体を温める事の出来るメニューをおすすめします♪

二日酔いの解消も必要ですが、
できれば二日酔いが予防できるともっと嬉しいですね。

例えばお酒の席で一緒に食べるといいものなど、
二日酔いを予防できる食べ物はあるのでしょうか?

 

二日酔いを予防できる食べ物はあるのでしょうか?

Original Update by:写真AC

 

飲み会があると二日酔いになるのは仕方がないとあきらめている人も多いですが、
できれば二日酔いの予防ができると楽しくお酒を飲むことができますね。

では、二日酔いを予防する食べ物はあるのでしょうか?

 

二日酔いをしないために空腹でお酒を飲まないことが大切です。
お酒を飲む前にスープを飲むのはおすすめです。

 

また、脂肪分の多い食べ物も二日酔い予防におすすめです。

ヨーロッパでは、オリーブオイルをスプーン1杯飲むことや、
ロシアではバターを一口食べるなどの習慣もあるようです。

くるみやアーモンド、マカダミアナッツ等のナッツ類も脂肪分が多く、
アルコールの吸収を抑えてくれるためおすすめです。

脂肪分が苦手な場合は、緑茶もおすすめです。

カレーやウコンなどもアルコールの代謝を促進しますので、
二日酔い予防としてはおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

二日酔いを予防する食べ物を上手にとってみると、
二日酔いが軽くてすみそうですね。

もし二日酔いの症状が出てしまった場合もあまり無理をせずに、
食べられるものを少しずつ口に入れるようにしましょう。

温かくすると飲みやすいので、
家にあるものを利用して上手に二日酔い解消をしてくださいね。

 

二日酔い時の頭痛に関する情報はこちらを参照ください

≫二日酔いの頭痛にロキソニンは要注意!薬って危険!

 

不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑