正月飾りの処分方法は?どんど焼きを逃した際の奥の手も大公開!



お正月の飾りは年に1度出されるものですが、
ふとした瞬間で壊れてしまったり、もう汚れてしまったり、
処分のタイミングを逃したりと、出番が少ないだけに、
悩みも多かったりするものですよね。

そこで今回は、そんな悩みを抱えたお父さんお母さん必見の、
正月飾りの処分方法をご紹介したいと思います。

正月の飾りを処分する方法は?

SPONSORED LINK

では早速、正月の飾りを処分する方法を
ご紹介したいと思います。

正月に関する記事
↓↓↓
正月の挨拶はいつまでなの?服装マナーなど常識を知っておこう!

⑨

正月の飾りは通常、1月の7日~15日の間に片付けるものとされています。

15日まで「松の内」ということになっているからです。

この松の内が終わる15日に、各神社で「どんど焼き」と呼ばれる、
正月の飾りをお焚きあげしてくれる行事が行われています。

正月の飾りは歳神様を迎える目印とされているので、
扱いをゴミのようにしてはいけないのでどんど焼きが行われています。
どんど焼きは、料金が無料で出来るので、多くの方が利用しています。

どんど焼きに間に合わなかった場合の処分方法は?

それでは、どんど焼きに間に合わなかった場合は
どうしたら良いでしょうか。

間に合わなくても、正月の飾りは1年中お焚きあげをしてくれる神社
今、とても増えてきています。

また、地域の神社だけでなく、他の地域の神社や、遠いところの神社でも
正月の飾りを持っていけばお焚きあげをしてもらえることが出来ます

前もって神社に連絡を入れて、事情を話せば、
お焚きあげの手続きをしてもらえるので、
是非、気軽に問い合わせてみて下さい。

確かに、合格祈願のお守りも合格してから数年後に神社に持って行って
お焚きあげしてもらうことって出来ますよね。
正月の飾りも、そのような考え方で引き受けてくれる神社が多いのでしょうか。
他の地域でもお焚きあげしてもらうことが出来るのはとても助かりますよね!

スポンサードリンク

どうしても神社で処分できない場合の奥の手はコレだ!

⑪
都会方面になってくると、神社で火が使える範囲が
制限されてきてしまいます。
また、遠くに行く機会もない・・・なんて人のために、
最終手段をご紹介したいと思います(笑)

・大きめの紙の上に正月の飾りを置きます。
・左側、右側、真ん中の順番に塩を振り、そのまま紙に飾りを包みます。
・一般のごみと分けて、燃えるゴミの袋に入れて処分をしましょう。

たったこれだけです!簡単ですよね。

他にも、住んでいる地域によっては、市役所に連絡を入れたら
市役所の方が処分をしてくれるところもありますので、
自分の住んでいる地域がそのような対応をしてくれているのか、
問い合わせをしてみるのも良いかもしれませんね!

どうしても年に1度の出番がない正月の飾りなので、
処分の方法などを知らない方も多くいるかと思います。
「まだ使えそう!」と思ったら、ていねいに紙に包んで、
箱に入れて保管をしておきましょう。
そうすると、綺麗に飾りが保たれて、来年も大活躍しますよ!
不動産投資


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑