農業

9月に植える主な野菜は?植え付けする際の手順は?

img_5735c067ae0c8

家庭菜園に興味はあるけど、
何をどうしたらいいのか分からない。

初心者は9月から始めるのがベストって聞いたけど、
何を植えたらいいの?

 

Original update by : 写真AC

 

健康のために、新鮮で安全な野菜を食べたいですよね。
それなら、自分で作るのが一番です。

少し不格好でも、採れたて野菜は格別です。
何より農薬の使用など、自分で管理出来るのでとっても安心です。

 

でも、家庭菜園ってちょっと難しいんじゃない?と不安に思っている方も多いのでは?
そんな方は、今年の9月からチャレンジしてみて下さい。

今回は、9月に植えるのに適した野菜と、育て方のポイントをご紹介します。

マンションのベランダでも気軽に始められますので、
是非、参考にしてください。(^_-)-☆

 

9月に植える主な野菜は?

SPONSORED LINK

 

 

 

野菜って、春に植えて夏に収穫するんじゃないの?

そうですね。

畑仕事って、冬が終わって春になって始めるイメージがあります。

 

でも、春に植え付ける野菜って、初心者にはちょっと難しいんですよ。(>_<)

まず、虫が付きやすい!それから、梅雨時の高温多湿な時期に病気になりやすいんです。
なので、秋野菜の方が初心者向けなんです!

外での園芸作業も、涼しくて真夏より楽ですしね。(*^。^*)

では、9月に植え付けるのに適した野菜を、具体的に見ていきましょう。

 

○初心者向け

タアサイ…低温に強く、霜に当たると甘味が増します。
秋に植えると大きな株に育つので、間隔をあけて植え付けます。

アサツキ…一度植えると2、3年育てられる便利な野菜です。
収穫は春と冬の2回!

ルッコラ…栄養価の高い野菜です。
30日~40日と生育が早いので、管理しやすいです。

ニンニク…国産物は買うと高いので是非育ててみたい野菜です。
翌年の春に収穫できます。

 

○中級者向け

チンゲンサイ…1か月ほどで収穫できますが、
コナガの幼虫が付きやすいので注意が必要です。

エシャレット…9月に植えると、翌年の春に収穫になります。
日光が当たらないように、茎の部分に「まし土」を行う必要があります。

ミズナ…乾燥に弱いので、水やりを欠かさないように注意が必要です。
また、害虫も発生しやすいので、早期発見して駆除しましょう。

カブ…間引きと追肥のタイミングが大切です。
プランターで育てる場合は、ミニサイズがお薦めです。

 

○上級者向け

玉レタス…多湿を嫌うので排水を良くします。
また、日を当て過ぎるとトウが立つので注意しましょう。

ハクサイ…害虫の被害に合いやすい野菜なので、
毎日観察し早期発見を心掛けないといけません。
また、元肥をたっぷり与えた土を使わないと、育ちにくい野菜です。

芽キャベツ…日当たりと風通りを良くするために、
「葉かき」と「下芽かき」が必要です。
幼苗期はアオムシが付きやすいので、注意しましょう。

 

[adsense]

 

9月に野菜を植え付けする際の手順は?

上に挙げた野菜は、どの野菜もプランターで栽培できます。
プランター栽培で最低限に揃える道具はどんなものでしょうか。

初心者に必要なのは、下の4つの道具です。

 

  1. プランター
  2. 野菜の土(元肥が入ったものを選びましょう。)
  3. スコップ
  4. ジョウロ

 

まずはこの4つを揃えましょう。

他にも便利な道具はありますが、
それはその都度、使いこなせるようになってからでも間に合います。

一つ一つ揃えるのが面倒な人は、野菜栽培セットを買っても良いかもしれませんね。

 

 

道具が揃ったら、さあ、種まきです!
プランターに直接蒔き、芽が出てから間引きします。

種をまく時は、時間帯にも注意しましょう。

野菜によって適した時間帯がありますので、
買ってきた種の袋に書いてある注意書きをよく読みましょう。

初心者は種からでなく、ホームセンターなどで苗を買って植えても良いと思います。
その時は、根を傷つけないように注意してください。

 

水やりや肥料の与え方など、お世話の仕方も野菜の種類によって随分違ってきます。

日当たりを好むのか好まないのか、乾燥に弱いのか、
害虫は付いていないか、毎日観察しましょう。

収穫のタイミングを逃すと、野菜の味が落ちることもあります。
せっかく育てた野菜の収穫時期を逃さないようにしましょう。

 

9月に野菜を育てる時のポイントは?

 

Original update by : 写真AC

 

9月に植える野菜は、害虫の被害や病気になりにくい点で、春に植え付ける野菜よりも育てやすいのですが、それでも注意点はたくさんあります。

 

まずは、台風。

強風にあおられて、野菜が台無しになってしまわないように対策を考えましょう。

特に高層階のベランダで育てる場合は、台風が来る前にプランターを部屋に入れるなどしましょう。

 

他には、連作障害というものがあります。

一度使った土に同じ野菜(同じ科の野菜)の種を蒔いても発芽しないことがあります。

その野菜を冒す病原菌や有害線虫(ネマトーダ)が多くなったり、
土壌の中の養分が不足したために起こります。

とくにナス科やウリ科、マメ科、
それにアブラナ科の野菜は連作障害を起こすので、注意が必要です。

 

冬場には霜に注意しましょう。

霜を甘味に変える野菜もありますが、苦手な野菜もあります。
天気予報は、マメにチェックしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

家で採れたての安全な野菜が食べられたら、本当に贅沢ですよね。
野菜の特徴をよく調べて、その野菜に合った育て方をしてください。

初心者なら、生育期間の短い簡単な野菜から始めるのが良いですね。
成功したら、次はもうちょっと難しい野菜にチャレンジしてみて下さい。(^_-)-☆