日常生活

時候の挨拶!3月はなに?

010815_0407_31.jpg

春がようやく近づいてくる3月。

3月を表す季語もまた訪れつつある春を表すものや、
桃の節句などの楽しい行事を含んだものが多いですよね。

そんな季節を、手紙に織り込むことが出来ます。

時候の挨拶ですね。

 

ビジネスや個人など、場面によって、また、上旬や下旬などの時期によっても
使い分けが必要ですが、それが出来れば丁寧で趣のある手紙が書けますよ。

 

私もそういう手紙を書きたいと思っていたので、
一緒に見て行ってみませんか?

 

では、場面ごとに分けて紹介していきますね。

その他の月の時候の挨拶はコチラをご覧ください!
↓ ↓ ↓
時候の挨拶!2月はなに?
時候の挨拶!4月はなに?
時候の挨拶!5月はなに?

 

3月時候の挨拶 ビジネス編

 

SPONSORED LINK

 

ビジネスの場面ですと、

やはり固めな単語のものが使われ、
「~~の候」や、「~~の折」と付けることが多いです。

 

でも、三月の場合ですとそこまでなじみがない季語は少なそうです。
旬ごとに並べたものをご覧ください

 

○季語例

  • 上旬:早春、啓蟄(けいちつ)、仲春
  • 下旬:春暖、春情、春分
  • 3月全般:土筆

 

このくらいでしょうか。

 

3月ははっきり季節がわかれているので、
中旬を表す言葉はなかなか見つかりませんでしたが、
代わりに3月のいつの時期に使ってもいい言葉を探してきました。

 

春分はなじみのある言葉ですし、そのほかの言葉も文字で代替意味は分かると思います。

 

では、啓蟄とは何でしょうか

 

これは、3月の6日ごろを指す言葉で、冬眠していた虫が出てくる頃という意味合いです。

 

人によっては嫌な時期に思えるかもしれませんね(笑)

 

この言葉は、
当時や夏至などと同じ、季節の節目を表す「二十四節季」の一つなんですよ。

早春浅春は「春の始まり」を表す言葉です。

 

上旬に分類していますが、中旬にも使える言葉です。

 

では次は、用例を見ていってみましょう。

 

○用例

  • 早春の候 皆様におかれましては益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
  • 浅春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 春分の候、○○様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。

 

だいたいこのような感じでしょうか。

なお、ビジネスの手紙であれば、「拝啓」をこの文章の前につけるのがマナーです。

敬具」などの結びの言葉も忘れずに。

引き締まっている感じがしますが、それでも季節を感じさせる文章になりますね。

さて、次はプライベートで手紙を出すときの挨拶文を紹介していきます。
[adsense]

3月時候の挨拶 プライベート編

 

プライベートな場面ですと、季節の行事自然の風景などを織り込むことが多いです。

例を見ていってみましょう。

 

○季語例

  • 上旬:桃の節句
  • 中旬:水温む
  • 下旬:彼岸、旅立ちの春

 

水温むは「みずぬくむ」と読みます。

暖かくなってきて水の冷たさも和らいで心なしか温かみを感じる
という春の訪れにぴったりの言葉ですね。

 

お彼岸というと秋のイメージがありますが、春にも彼岸はあります

 

暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますし、
結びの相手を気遣うフレーズと合わせやすい言葉です。

 

旅立ちの春は、もちろん卒業式の行われる時期を指す言葉です。

 

さて、ではこれらの季語を使った例文を見ていきましょう。

○例文

  • 桃の花が目に鮮やかな頃となりました。 いかがおすごしでしょうか。
  • 旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています。
  • 小川の水も温む季節、いかがお過ごしでしょうか。

 

先ほど紹介した「水温む」という言葉はこのように使います。
プライベートな手紙の場合ですと、拝啓は省いても大丈夫です。

 

さて、ここまで時候の挨拶について述べてきましたが、
次の項目では実際に手紙の一文を書いてみることにいたします。

手紙の一例

それでは、プライベート編で紹介した季語から一つ取ってきて書いてみたいと思います。

 

桃の節句の時期となり、寒さもようやく落ち着いてきました。
そちらはいかがお過ごしでしょうか。

 

こんな感じで冒頭を書き出してはいかがでしょうか?

まとめ

春の到来を感じさせる3月の時候の挨拶、いかがだったでしょうか。

 

3月は出会いと別れの季節でもありメールやお手紙を書く機会が増えるかと思います。
少しでもお手紙を書く時の参考にしていただけたら幸いです。

 

どのようなお手紙が届くのか、楽しみにお待ちしております。