花火

花火の尺と号の違いは?上空では何メートル?

image002

 

image002

 

「花火でよく聞く尺と号って何?」

 

なんてことを、疑問に思ったことはありますか?

夏の風物詩花火。とても綺麗ですよね。

様々な場所で打ち上げられる花火は、それこそいろいろな種類があります。
各地で花火大会がありますが、それによっても花火は違います。

 

さて、そんな花火ですが、花火に関係して、「号」「尺」というものがあります。
これらは花火のサイズを表す言葉です。

では、この二つの違いはなんだか分かりますか?

 

今回は花火の尺と号について説明していきますね!
二つはそれぞれどういうものなのか。上空での大きさは?など
盛りだくさんでお届けしていきますよ!

花火の掛け声に関する疑問はコチラの記事で解決!
↓ ↓ ↓
花火のたまやとかぎやの意味は?由来はあるの?

花火の尺とは?

 

SPONSORED LINK

 

まずは、花火の尺について説明をいたします。

 

日本には尺貫法という長さの単位があったのはご存知でしょうか?
寸とか尺とかですね。花火では昔まではこの単位が用いられていました。
今でもたまに使われることがありますけどね。

 

ちなみに、一尺は約30センチほどです。

 

寸単位の花火も存在します。こちらは一寸=約3センチです。

 

この尺や寸は花火の玉の直径の長さです。
小さいものだと二寸。大きいものだと四尺まであります。

 

つまり四尺玉は直径約120メートル!
大きいですね! 持ち運びが大変そうです。

 

[adsense]

 

花火の号とは?

 

続いて、花火の号について説明していきますね。

 

先ほどの借家寸に代わって現在用いられているのがこの単位です。

 

この単位の数え方だと、3号から始まります。
3号は三寸。つまり、直径約9センチの玉ですね。

 

号数は一つ増えるごとに火薬の量も2倍に増えていきます。
また、号によって到達する高度や開花した時の大きさも違ってきます。

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

つまり、現在用いられている単位が号なのです。
たまに出てくる尺とはあまり使い方に変わりはありませんが、今ではこちらの方が主流なのです。

 

上空では何メートルなの?

 

image004

 

さて。花火の玉の長さについては分かりましたが、実際の花火は当然ながらそれより大きいです。
上空での花火の大きさはどれくらいなのか? 
それについても触れてみることにしましょう。

 

上空での花火の大きさは、もちろん花火の玉の大きさに比例します。
現在最小の玉である3号玉ですと、半径30メートル
号数が増えるごとに25メートルずつ増えていきます。

 

ちなみに、上がる高さも号数で変わります。
3号玉の上がる最大高度は120メートルです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。
花火の大きさについてわかっていただけたでしょうか?
参考になれば幸いです。

 

浴衣で花火に行ってみませんか?浴衣の着付けはこちらの記事からどうぞ!
↓ ↓ ↓
女性の浴衣の着方はコレ!左前と右前で意味が違う!
浴衣の髪型 簡単に自分でアレンジ出来る!動画集!
浴衣の着方 男編!温泉でも使える着付けはコレ!

 

ただ花火を見ているだけだとあまり気にしない尺や号。
でも、こんなちょっとしたうんちくも話題にはなります。
ちょっと身近な人に披露してみてはいかがでしょうか?

 

今年も、素晴らしい花火を楽しんできてくださいね!