健康/病気

日焼けサロンでのやけどに注意!やけどをしてしまった場合の処置方法は?

hisaro01

日焼けサロンでやけど!?

肌がヒリヒリ痛くて水ぶくれも!

そんな時の処置方法とは?

hisaro01
Original update by : Whatsername?

 

日光より安全だと言われている日焼けマシンを使ったはずなのに、
やけどをしてしまう事はあるのでしょうか?

 

なぜ日焼けサロンでやけどをしてしまったのか?という原因や、
やけどをしまった時の対処法など
日焼けサロンについての疑問にお答えします!

 

日焼けサロンでの肌を焼く仕組みとは?

 

SPONSORED LINK

 

そもそも、日焼けサロンで日光と同じように
日焼けできるのはなぜでしょう?

その仕組みついてご説明します。

 

太陽から発せられる「紫外線」とは波長の短い電磁波のことで、
UV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。

 

このうち地上まで到達するのはUV-A、UV-Bの2つです。

 

UV-Aは肌を黒く変化さえる紫外線で、
肌の深い部分まで到達し、黒さの原因となります。

 

UV―Bは日焼けするとヒリヒリ赤くなって痛い、
という炎症状態を引き起こす紫外線です。

 

日焼けサロンでは、
専用の日焼けマシンに入って人工的に紫外線を照射し、
日光に当たったのと同じような肌の状態にしていきます。

 

違った特徴を持つ2種類の紫外線を組み合わせて、
徐々に肌を小麦色へと変化させていくのです。

 

肌質や頻度によって照射時間や強さを決めて、
安全に日焼けができるというわけです。

 

しかし、日焼けサロンで焼いたら、
肌がやけど状態になってしまったという方も少なくありません。

 

安全なはずのサロンで、
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

[adsense]

 

日焼けサロンでやけどすることってありえるの!?

安全なはずなのに、
日焼けサロンでやけどをすることってあるのでしょうか?

 

実は、日焼けサロンでやけどをしたという事例は
多数報告されています。

 

原因として一番多いのは、
紫外線の照射時間の長さや強さの間違いです。

通常の日光でも強い紫外線を長時間浴びると、
やけどのような状態になることがありますよね。

 

日焼けマシンの場合も同じです。

照射時間の長さや強さの間違いが起こる原因は以下の通りです。

 

  1. 肌質あわせて決定した時間より、かなり長時間照射された。
  2. 日焼けマシンのガラスが破損していた。
  3. 日焼けマシンの出力の強さを、店員が把握していなかった。

 

どれも人為的で防ぐことは可能ですが、
実際にこれらが原因でやけどが多発しています。

熱、むくみなどで入院という事例も報告されています。

肌トラブルを避けるためにも、
サロン選びには慎重になりたいですね。

 

初めての日焼けサロン選びの注意点!

hisaro02
Original update by : srslyguys

では初めての日焼けサロン、どうやって選んだらよいでしょう?

サロン選びのポイントは以下の3つです。

 

  1. 日本セーフティータンニング協会の加盟店であること。
  2. 日焼けマシンについての注意表示や操作説明があること。
  3. 肌質や体調など利用者の状態について確認があること。

 

お店に入ってからでも、これら全てが確認できなければ、
面倒でもそのサロンはやめておいた方が良いでしょう。

 

初めてならばなおさらです。

 

クーポンなどを利用して、
じっくり検討せずにサロンを選んでしまうことも危険です。

 

自分の肌にあわせて日焼けができるかどうかを、
しっかり確認することが大切です。

 

それでも肌質や体調により
やけどをしてしまう場合があるかもしれません。

そんな時の応急処置、どうしますか?

 

やけどしたと思ったらこんな処置をしよう!

日焼けサロンから帰ってきて、
しばらくしたら肌が真っ赤に腫れて触れない!

そんな時はどうしたらいいでしょう?

 

もちろん皮膚科、
もしくは形成外科を受診されることをおすすめします。

 

しかし土日など病院が休診の場合もありますよね。

 

自宅で応急処置をする場合は、まず冷やすことが大切です。

タオルを冷水などで濡らして
そっと肌にあてて冷やしましょう。

保冷剤を使う場合はタオルにくるんで使います。

逆に低温やけどを引き起こしてしまう場合があるので
注意が必要です。

 

日焼けサロンでの日焼けの場合、
やけどは全身に及んでいるでしょうから、
熱が出たり、むくんだりする可能性もあります。

運動などは避けて安静にしていましょう。

 

水ぶくれができている場合は、
決してやけどの程度は軽くはありませんので
必ず病院での診察を受けましょう。

 

水ぶくれを自分でつぶすと、
そこから細菌やばい菌が入ってしまいますので
決してやってはいけません。

 

発熱や倦怠感、むくみなど見られた場合、
すぐに救急病院を受診してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

手軽に日焼けを楽しめる日焼けサロンですが、
やけどの危険も多くあります。

 

やけどをしてしまったら、
すぐに医療機関を受診されることをお勧めします。

応急処置では冷やすことを忘れずに!

 

綺麗な小麦色の肌になるはずだったのに、
やけどをしてしまうのは悲しいですよね。

正しい判断でサロンを選んで、日焼けを楽しんで下さいね!