健康/病気

「眠い」も続けば立派な病気!眠気が起きる病気と治療法は?

335nemui-01

たくさん寝ても寝ても、眠い・・・。
そんなことありませんか?

「もしかして病気?」
と心配になってしまいますよね。

眠気の原因をつきとめて、
眠りストレスをゼロにしましょう!

335nemui-01

Original update by:足成

 

その眠気にはちゃんと理由があります。

眠る前や、起きてすぐの朝の習慣、
また、病気の可能性も視野に入れてください。

 

眠気の問題を無しにして、
素敵な毎日を過ごしましたいですよね。

ここでは、眠気からくる病気についてまとめました。

 

いつも眠いと感じるのは異常なの?

 

SPONSORED LINK

 

毎日一定時間睡眠をとっているのにもかかわらず、
いつも眠いと感じるのは、異常な事なのでしょうか?

結論からいいますと、異常ではありません。

しかし、あまりの眠気に悩み、
「もしかすると、病気では?」
と不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

実際に、たくさん寝ても
眠くなってしまうという病気はあります。

しかし、そんな病気にもそれぞれ、
眠気以外にも症状があるのです。

いつも眠い=病気

と早合点せず、まずはじっくりと
眠気を引き起こす病気についてみていきましょう。

 

[adsense]

 

眠い状態が続く場合に疑う病気とは?

眠気が病状として現れるような病気には、
以下のようなものが挙げられます。

 

■睡眠時無呼吸症候群

これは聞いたことがある方も多いでしょう。
眠気の病気というと睡眠時無呼吸症候群
だと思われるくらい有名ですよね。

 

症状としては、

・寝ている時に、いびきをかく
・寝ている間、息が止まる
・起きている時、頭痛を伴う
・寝汗や頻尿になる

 

この病気になる人は、睡眠時に血圧が高くなりやすく
酸素不足の状態が続くために、
いろいろな病気を起こします。

もともと肥満気味の方は注意してください

病院の受診は、睡眠外来や呼吸器科、
または内科にかかってください。

 

■不眠症

昼夜関係なくなかなか眠れなかったり、
途中で目覚めてしまう、または早く目が覚めてしまう
などといったことを総称して不眠症といいます。

普段からよく眠れていないため、
いつも眠気があるという場合
があります。

しかしこの場合は、
睡眠をとっても眠い」という事には当てはまりません。

そのため、自分でも
「眠い理由はなんとなく不眠症が原因なのではないか?」
と思い当たることもあるかもしれません。

 

しかし、不眠症の原因は複雑です。

こちらについては自己判断は難しいため、
カウンセリングが必要です。

 

■むずむず脚症候群

この病気は、不眠症と混同されがちです。
しかし、違う病気なので注意が必要です。

症状としては、

  • 足が布団に入るとむずむずする
  • 寝ると脚がぴくぴく動く、足の筋肉の中にむずむず虫が這うような感じがする
  • 熱く感じる
  • いらいらしてじっとしていられない
  • 不快感があり眠りにくい

 

この病気は、言いがたい強い不快感に襲われます。

原因は、神経伝達物質に何らかの異常が起きること。
薬による治療で治る可能性が高いです。

 

■うつ

抑うつ症状のある人は、
昼間の眠気が通常の人より2〜3倍高いと言われます。

治療としては、うつの治療をすることが大切です。

時間がかかることも多い病気ですが、
しっかり治療をすることによっていい方向に向かいます

 

■ナルコレプシー

この病気の症状は、
昼間強い眠気とともに、

  • すとんと体の力が抜ける
  • 強烈な睡魔に襲われて、10分〜20分、寝てしまう
  • 驚いたり笑ったりする時、集中力が切れた瞬間などに体中が脱力してしまう。

 

原因は、脳の睡眠と覚醒を切り替えるための
作業が不安定になってしまう
こと。

治療の方法は覚醒を促す薬、
また眠気に入ることを抑える薬の服用がメインになります。

 

病気以外に考えられる眠気の原因って?

335nemui-02

Original update by:足成

 

病気以外の原因で考えられるものは、生活習慣です。

生活リズムが整っていない場合、
日中に眠気が強くなることもあります。

 

しかし、単にだらしない生活を送っているから・・
とは言い切れません。

生活習慣が乱れてしまう原因というのも存在します。
それぞれ、見ていきましょう。

 

■概日(がいじつ)リズム障害

人には「体内時計」というものがあって、
毎日自然なリズムをつかさどっています。

概日リズムというものはこの体内時計のことで、
何らかの原因で体内時計がずれてしまい、

普通に朝起きて夜寝る、というリズムが
作れなくなってしまう症状の総称
です。

 

昼夜逆転する仕事ことが多かったり、
夜から朝までにかけての仕事が多い人、

またはゲームなどで夜更かしする人などが、
体内時計が徐々におかしくなっていき、
最終的には戻らなくなってしまいます。

 

■妊娠中や生理中の女性

妊娠の初期に眠気が強いと感じる女性は、
少なくありません。

同じように、生理前・または
生理中に眠気を感じる女性も多くいます

 

これは両方とも同じ原因で、
女性ホルモンが増えることにあります。

病気ではありませんから、
そんなもんなんだとあまり悩まないのが一番です。

 

改善するためには、

  • ぬるめのお風呂につかる、半身浴もおすすめ!
  • 漢方薬を飲む
  • 軽くストレッチをする

 

しかし、眠い時は眠るようにするのがベストです。

身体のサインに従いましょう。

 

■睡眠不足症候群

連日の仕事やゲーム、ネット依存などで睡眠不足になっていると、
当然そのつけが昼間にやってきます。

あるいはストレスが強い、またお酒の飲み過ぎ、
それから寝具が合っていない、薬の副作用、
などでも睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠の質を良くする努力をしてみましょう。

 

■昼食の食べ過ぎによるもの

お昼の食べ方によっても、ひどく眠くなることがあります。

これを防ぐには、

  • 多くの量を食べ過ぎない
  • よく噛んで食べる、食事中大量の水を飲まない
  • 炭水化物、甘いものを控える
  • たんぱく質と野菜を摂る

 

生活リズムを整えるのは、簡単な事ではありません。

しかし、毎日少しでも意識して改善できることがあるのであれば、
取り組んでみることをおすすめします。

 

日中にひどく眠くなるのを予防するために気を付ける事とは?

辛い眠気・・・。

治すためには、どうするのが良いのでしょう?

やはり大切なのは、毎晩しっかり睡眠をとることです。
良質な睡眠をとるためには、
寝る前の習慣も見直す必要があります

 

■寝る前の飲酒を避ける

寝る前の「飲酒」で寝れるようになるのは、事実です。

しかし、アルコールが体で分解されるときに
交感神経が刺激され、睡眠をジャマされることになるため、
結果的には逆効果なんです!

習慣的に晩酌をしている場合で、
日中眠いという場合はお酒を控えてみるのも良いでしょう。

 

■寝る前の食事

眠るまでの3時間前に、
食事を済ませておく
ことが大切です。

寝る直前に食事すると、
胃が活発になり睡眠の妨げになります。

 

■入浴と歯磨き

歯磨きにはリフレッシュ効果もありますし、
歯茎を刺激するので睡眠ホルモン
「メラトニン」の分泌を抑制
してしまうのです。

歯磨きもお風呂も、寝る1時間以上前に済ませておくのが理想的です。

 

■PCやスマートフォンの液晶画面

よくないと分かっていても、してしまう習慣ですね。

電子機器の画面から発せられる光が、
脳を刺激して軽い興奮状態になってしまいます

意識して触らないようにするか、
極力ライトの明るさを下げて使用しましょう。

 

■毎日の起床時間を意識

就寝時間や睡眠時間数は毎日守りづらいでしょうが、
毎日の起床時間を同じにすることは頑張れば可能ですよね。

お休みの日だからって、だらだらと昼前まで寝ていると、
規則正しい睡眠習慣はつくれません。

 

このように、病気以外が眠気の原因となっている場合は、
日々の生活習慣を変えることでも対処が可能です。

上記に少しでもあてはまり、
夜ぐっすり眠れていないなと感じる場合は、改善が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
寝ても眠いのには、様々な原因が考えられます。

 

昼間眠くなってしまうのはストレスですから、
早めに改善したいものですね!

 

生活習慣を見直してもなかなか改善しない場合は、
病気の可能性もありますので医師の診断を仰ぎましょうね。